« 教材を作りながら | トップページ | できると好きは違うんだなぁ »

2017年1月17日 (火)

1.17

あの日から22年になるそうで、生まれたばかりの子も大学を卒業するほどの歳月が過ぎたわけですね。
当然、教室に通ってくれる子達で震災を経験している子はひとりもいませんし、保護者の方もまだ小学生や中学生だったという方が増えてきました。

私はありがたいことに、自宅が修復不能になった以外は家族も近しい友人知人もみんな無事だったので、22年も経つとあんなことがあったんだなぁと思い出す程度になってしまっていますが、大事な人を亡くされた方達にとっては何年経っても悲しさ、寂しさを一層思い起こされる日なんだろうなとも思います。

ただ、報道の中などで「あの日を忘れない、忘れてはいけない」というような表現を使っているものを何度か目にし、なんとなく心に引っかかりました。
被災者自身が言った言葉だったり、被災経験のない方達が「忘れない」と言ってくださる分にはいいのですが、被災された方の中には忘れたいと思っている方もおられるのではないかなと思ったりもするのです。忘れたいほど悲しい思いをした方はできることなら忘れて頂きたい、そんな風にも思います。

私にとっては、あの震災があったから今があるとも言える、人生の転機のひとつですから、貴重な経験だったのだと思っています。
その割には毎日ダラダラと無駄に時間を費やしてしまうことが多く、自己嫌悪の毎日ですが、また明日から少しでも成長できるよう頑張っていきたいと思います。

|

« 教材を作りながら | トップページ | できると好きは違うんだなぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1.17:

« 教材を作りながら | トップページ | できると好きは違うんだなぁ »