« 謎のスイッチ | トップページ | オフ »

2017年1月21日 (土)

なんでやねん!(笑)

ご用があって先週はお休みだった2年生さんとのレッスンでのこと。
この子は算数のセンスは結構ありそうなのですが、面倒なことはとにかく避けて通りたいタイプ。問題が難しそうに思えると、考えるスイッチは完全オフになり、もうそれはそれはあてずっぽうの答えを繰り出してきます。
それでもまあ、最終的には理解して、理解するとちゃんと考えるようになるの繰り返しという感じで進んできています。
そんな彼女も2年生ながら前々回から割り算の学習に入っていて、割り算は簡単らしく、いい感じに進んでいました。
1週空いたものの、「うん、わり算はできると思う。」と明るく問題に取り組み始めました。

実際、考え方はわかっているようで、できているのですが、どうしたことか学校で九九の暗唱をさせられた結果、掛け算が怪しくなっていました!!!(汗)
声に出して唱えるもので、間違っていても気づくからよいのですが、「しいちがし、しにがはち、しさんじゅうに…」と唱え始めると、4の段は必ず「しろくにじゅうし、ししちにじゅうし」と唱えます。
そのたび「なんでにじゅうしが2回出てくるのよ!」とツッコミ。それでも毎回「ししちにじゅうし」になります。
更には、「しちいちがしち、しちにじゅうろく」と、なかなか珍しい間違いです。(苦笑)

忘れても考えたらわかるでしょ?4の段は4ずつ増えていくし、7の段は7ずつ増えていくんでしょ?と言っても、一度暗唱モードに切り替わってしまったら、戻ってくる気がない様子…。
天才系の子はやっぱりなかなかユニークです。

|

« 謎のスイッチ | トップページ | オフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんでやねん!(笑):

« 謎のスイッチ | トップページ | オフ »