« 経験は大事 | トップページ | すごい世界だなぁ »

2016年12月 6日 (火)

聞く姿勢

どうやらこれも男女の差というか、脳の特徴のひとつであるようですが、一般的に「女性脳」が得意なことと「男性脳」が得意なことで挙げられるうち、男性脳は何かしながら別のことをするのが苦手だという傾向があるそうです。(いつも書いていますが、性別と必ずしも一致しているわけではないので、女性でも男性脳だったり、その逆もあるようです。)

で、実際に自分の家族などを見ていても、例えば父はテレビを見ているときに話しかけても、ほぼ何も聞こえていませんが、母はそんなことはありません。
もちろん私も子どもの頃から、何かしながら話しかけられても(最近はやや衰えてきましたが)、ちゃんと反応することができていたので、脳の男女差について知るまでは、なぜ父はそんなにも話を聞くことができないのだろうと不思議に思ったこともありました。

そして、教室で子ども達とレッスンをしていても、もちろん全員に当てはまるわけではありませんが、何かしているときに話しかけると聞こえていないということはやはり男の子に多く、また、手を動かしながらおしゃべりを始めると、女の子はそれでも手が動いている子が多いのに対して、男の子は手がぱったり止まってしまう子が多いということも感じます。

更に、何かをしながらだと話が聞けないタイプの子の中に、ちゃんとその子の方を向いて話しかけ、その時点ではまだ何も作業をさせていないのに、驚くぐらい話を聞いてくれていないことがある子がいます。
なぜだろうと不思議に思っていたのですが、そういうことが起こるときは、既にその子の中で何か考え始めているとか、違うことに意識が向いているようだと気づきました。

自分は聞こうと意識しなくても聞き取れるのが普通なので、ついつい、その子の方を見て話しかけたら当然聞こえているだろうと思ってしまいがちですが、子どもの傾向をきちんと見て、聞くときは聞くことに集中しなければ聞き取れないタイプの子であれば、話し始める前に名前を読んだり、ちゃんと聞いてねと念押しをしてから話し始めるなどした方がいいのだろうなと思います。

もしかすると、多くのお母さまが男の子さんに対して、なんで聞いていないんだろう?と同じような疑問を感じられることがあるかもしれません。
それはその子の脳の傾向なのかもしれませんし、それは「男性脳」にとってはさほど珍しいことでもないようですから、「女性脳」の基準ではなく、何かしているのなら、それを一旦やめさせてから、きちんと自分の方を向かせてから話しかけるなどすると、案外すんなり聞いてくれることもあるかもしれませんね。

|

« 経験は大事 | トップページ | すごい世界だなぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聞く姿勢:

« 経験は大事 | トップページ | すごい世界だなぁ »