« 聞く姿勢 | トップページ | その子なりに一所懸命 »

2016年12月 7日 (水)

すごい世界だなぁ

教室に来てくれている子の中に、中学受験をする予定で、4年生からは受験塾にも通い始めたものの、うちにも通い続けてくれている子がいます。
元々女の子としてはかなり算数のセンスがいい子なのですが、その子が行きたいと思っている学校がかなり難関と言われている学校で、教室では小6までの厚めのワークブックが終わったのと、塾ではどうしても教えられて処理をする方に傾きがちなこととで、こちらではじっくり考えながら中学入試問題に取り組んでみようかということになりました。(これまでも塾のワークブックを先にこちらで何問か一緒に取り組んでみたりはしていたのですが。)

で、定番的なことは塾で学習しているので、色々問題集などを見てみた上で、入試までまだ1年ちょっとあることと、塾でもある程度までは学習が進んでいることとで、難関・超難関といわれるところの入試問題ばかりを集めた問題集で問題をピックアップしながらやっていくことにしました。

ただ、解答解説はかなり詳しいものの、まずは自分で解いてみなければ、もっと簡単な方法があるかもしれませんし、私がやっても難しいものは(灘など超難関男子校の問題もかなり入っているので)今の時点でその子にさせなくてもいいだろうとも思いますので、とりあえずは問題だけを読んで解いて見始めました。

しかし、中学受験の段階で塾などで教えられる範囲での解き方で解かなくてはならないという制限もあります。
というわけで最初から解き始めたのですが、改めてすごい世界だなぁとしみじみ感じました。
超難関校の算数をそう苦労することなく解けるような子は、公立中学に進んでも、少なくとも数学に関しては授業を聞く必要すらないだろうなと思います。きっと、入学直後から、独学で高校数学さえもやり進めていけるような子達だろうなと。

だとすると、半ば訓練のように機械的反復や処理によって何とか合格圏まで辿り着こうとしているような子は、本当に筆舌に尽くしがたいぐらいの犠牲を払って受験勉強をしているのかもしれません。

いずれにせよ、難関レベルの中学受験というのはすごい世界だなぁと、改めてしみじみ感じました。

|

« 聞く姿勢 | トップページ | その子なりに一所懸命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すごい世界だなぁ:

« 聞く姿勢 | トップページ | その子なりに一所懸命 »