« 子どもって面白い | トップページ | ホントにみんなそれぞれ違うなぁ »

2016年11月 9日 (水)

感動する瞬間

子ども達とレッスンをしていると、しばしば感動したり、驚かされたりすることがあります。
感動にも色々あって、できなかったことができるようになった瞬間を見たときや、苦手に感じて嫌々取り組んでいた子が笑顔を見せたとき、自分にはなかった発想を子どもが見せてくれたときなど、挙げればきりがありません。

今日のレッスンでも、小さいながらも感動の瞬間がありました。
小さい頃から通ってくれていて、しっかりじっくり考えることはできるものの、瞬発力というか、ぱっと閃くようなことはあまり多くない女の子が割合の問題を考えていたときのことでした。

そんなに説明せずとも結構よく考えられていて、それだけでも感心していたのですが、ある数値に100%と書いた後、与えられた別の数値に25%と書いたので、どうしようかな、それが何分の1か尋ねようかな…と思いかけたとき、その子が小さな声で「あ、4分の1。」と言って、すんなり問題を解いてしまったのです。

100分の25は4分の1だと覚えるように言ったこともなければ、割合の問題を考えるときに分数を使うよう強く勧めたこともなく、そもそも、割合の中の百分率のところをしたのは前回が初めてで、それなのに、100%と25%という数字を見た瞬間、4分の1のことだと気づいたことに、本当に感動しました。

もちろん、小さい頃から図を描いたり、具体物を使ったりしながら考えてきたので、図などに表す際の等分する力などは持っている子ではあるのですが、こういう力がちゃんとついているんだなと、嬉しく感じました。
きっと、本人にしたらなんでもないことなんでしょうけどね。

|

« 子どもって面白い | トップページ | ホントにみんなそれぞれ違うなぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動する瞬間:

« 子どもって面白い | トップページ | ホントにみんなそれぞれ違うなぁ »