« 計算力について | トップページ | オフでした »

2016年10月 1日 (土)

色々つなげたい

コツコツ(のろのろ?)教材を作り続けて3年目になります。
作る側になって初めて気づくことや、作るためにあれこれ調べることも少なくありません。
小学生に間に学ぶよう決められている範囲は押さえないといけませんから、一般的な教科書やワークブック、ドリルなどを見ながら作り進めていくことになりますが、そうすると、結局それがベースになってしまうので、似たようなものになってしまいがちです。
そうならないよう気を付けつつ、一方であまりに突飛で独りよがりなものにもならないよう、そのバランスはなかなか難しく、作り進めながらも不安もあります。

ただ、作りながら思っていることがあります。

元々、私が教室を始めることになったきっかけの学習法があります。それをお作りになった先生は、小学校などでは学習内容を細切れにしてしまい、足し算・引き算を習ってできるようになったと思ったのに、また出てきた、かけ算にしても割り算にしても、できるようになったと思ったのに、またやるの?という繰り返しになるので、それも子どもがやる気をなくす理由の一つになっているというようなお話を、初めてお目にかかったときに伺い、だから、その学習法では足し算・引き算は3まで、5まで、10まで、20まで、100まで、10000まで、その先は筆算で…と教材としては連続して一気に学習するような作りになっていて、掛け算も割り算もほぼ同様です。

当初、なるほどなと思ったものの、小さい子達にとって100を超える数はまだ身近ではなく、お金などに置き換えて考えるにしても、まだ大きなお金に触れる機会も少ない子がほとんどなので、余程数量感覚に優れているとか、数の仕組みを感覚的に理解しているとかいう子でなければ、100を超え、1000を超えるような数になってくると、抵抗を示すことも少なからずありました。
教科書などでは細切れにするということではなく、子ども達にとって実感できる範囲の数から学習をしているのだなと、そして、それはある面では正しいんだろうなと感じるようにもなりました。

大事なのは、足し算はどういう計算なのか、掛け算はどういう計算なのか、そういうことがきちんと理解できているかどうかで、早い段階で大きな数での計算までできなくてもいいのではないかと。
また、そういうことをきちんと理解していれば、得意な子は放っておいても大きな数でも計算できるのではないかと。

ということで、今作っている教材では、まとめられるところはまとめていますが、足し算を一気にまとめるというよりは、関連付けられるものは関連付ける、小学校では習わなくても中学校では習うことに可能な範囲で触れるなど、「今覚えなくてもいいけど」というようなことをちらっと話題に出すというようなことを多少意識しています。

というのも、子ども達を見ていると、例えば新しく何かを学習する際に、上に兄弟などがいて聞いたことがあるとか、テレビや本などで見たことがあるとかいうようなことだと、実際にはまだほとんど何も知らなくても、取り組む際のハードルがちょっと下がるような印象があるのです。
また、何かを覚える際には色々なものと繋がっていればいるほど、引き出しやすく、忘れにくくなるともいいますから、それもあって、触れられることには触れていきたいと思っています。

例えば、中学以降は分数では基本的に帯分数を使わないということや、小数もほとんど使わなくなるとか、子どもにとったら、「ふ~ん、そうなのか」と思うだけかもしれませんが、ちらっとでも頭の隅に残っていたら、中学に行って分数は帯分数にしなくていいと言われたときに、ああ、そういえばそうだったなとすんなり受け止めてくれるかもしれませんし、わざわざ割り算をしなくても分数で答えたらいいんだったなと思ってくれるかもしれません。

私ひとりの考えられることなどごくごく僅かなので、出来上がったら色々アドバイスが頂けたらなと思ったりもしますが、まだ当分、このコツコツは続きそうです。

|

« 計算力について | トップページ | オフでした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色々つなげたい:

« 計算力について | トップページ | オフでした »