« 雑感 | トップページ | 焦らず一歩一歩 »

2016年10月12日 (水)

筆算のメリット・デメリット

今日のレッスンでのこと。
ある1年生さんがレッスンで、まだ1年生なのに学校で筆算を習ったと言いました。初めは何か勘違いしているのかなと思ったのですが、「たし算できない子は筆算しなさいって、先生がやり方教えた」というようなことを説明してくれたので、どうやら間違いないようです。

指10本で解決する範囲を超えた数のたし算やひき算になると、確かに数の感覚が身についていなかったり、算数をとても苦手としていたりするような子は、すんなり答えが出ないということもあるだろうと思います。
その際、筆算を覚えれば、ひと桁の数同士の計算で済みますから、苦手な子でもとりあえず答えを出せる可能性は上がるのだろうと思いますし、一度に大勢の子どもを指導する先生としては、苦手な子、できない子をどうやって救うかを考えた末の対応なのかもしれませんので、それに関してはひとつの方法なんだろうとも思います。

ただ、この子が教えてくれたように、先生自身が言われた「できない子」でもできる方法ということは、つまり、意味があまりわかっていなくても、どのぐらいの数なのか実感が全くできなくても、とりあえず答えが出せる方法ということもできます。

それは足し算・引き算に限らず、掛け算や割り算の筆算でも同じことで、元々筆算というのは、計算の手間を省くために考え出されたものなのだと思いますから、方法を覚えれば、機械的に処理をすることで答えが出せる計算法とも言えるでしょう。

で、別のレッスンで2年生さんと、前回は2桁×1桁の筆算までをして、今回は3桁×1桁の筆算をすることになりました。
この子は既に、暗算で2桁や3桁の数に1桁の数を掛ける問題はできるようになっていて(しかし、まだ九九はきちんとは覚えておらず、最近学校で九九が少し始まったところのようですが。)、前回の2桁×1桁の筆算は思った以上にすんなりとクリアして驚いたほどでした。
そこで今回は3桁×1桁だったのですが、最初のうち、合わせる数を合わせずに並べたり、かと思えば位が違う数なのに合わせてしまったりと、間違いが多発。
そこで、もう一度式の意味、計算していることの意味を確認してからやってもらったところ、ほとんど間違いがなくなりました。

つまり、考えずに「処理」しようとすると間違っていても気づかないということの表れなんだろうなと。
そして、考えるとその分スピードは落ちてしまう場合があるということなんだろうとも思います。

だとすると、考えようと思えば考えられる子、算数の力がある子に、考える機会を設けぬままに筆算の仕方を教えてしまうのはあまり望ましいこととは思えません。
時間がかかっても暗算なりできちんと答えが出せる、考えたら大体どのぐらいの答えになりそうかわかる、そういう子に、時間短縮のためのテクニックとして、必要であれば筆算を教えるというぐらいがいいのではないかと。

楽にできる、簡単にできる、苦手な子でもできる…それらはつまり、あまり頭を使わずにできるということとも言えますから、いっぱい頭を使うべき幼児期に、早々とあまり頭をつかわずにできる方法を教えるメリットは少ないのかもしれません。

|

« 雑感 | トップページ | 焦らず一歩一歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筆算のメリット・デメリット:

« 雑感 | トップページ | 焦らず一歩一歩 »