« オフ | トップページ | 気づく子と気づかない子 »

2016年10月17日 (月)

それぞれの価値観なのだとは思いつつ

ここ数年、スマホを持つようになってから読書量が激減していて、反省しつつもなかなか本を手に取ることがなくなっていますが、先日からもう随分前に買ったままだった本を読み始めました。
中学受験で大きな実績を残しているという某中学受験塾と、東大合格率で群を抜く某大学受験塾についてのルポがメインの内容なのですが、読みながら、何とも言えない複雑な気持ちになりました。

特に、某大学受験塾というのが、有名私立中学の子のみが通えるというところだそうで、指定校の生徒であれば中1の早い段階の入塾は無試験で入塾できるシステムだとのこと。
で、早い段階から始めて、数学であれば中1で中学3年間の内容を終わらせ、中2・3年で高校3年間の内容を、その後高校ではその復習や受験に向けての学習をというようなカリキュラムになっているとか。

塾に関するルポと共に、有名私立中の先生方の話なども紹介されているのですが、何とも言えない気持ちになった理由は、有名中学に合格するために小学校の2年なり3年なりを受験塾に通い、有名中高一貫校に合格した子達が、中1からまた6年間、東大など超難関大学に合格するため勉強漬けになる。そして、その塾に通って東大に合格する子たちの割合は少なくないということでした。

もちろん、その本に書かれただけの情報で判断するのはどうかと思いますが、本の中でもその塾に通っていても成果が出ない子、つぶれていく子がいるというようなことも書かれていて、よい点も気になる点もどちらも偏りなく書かれているだけに、ある程度信頼できる情報なのではないかなと。
だとすれば、有名私立中に合格し、東大理Ⅲなどの超難関に合格している人のうち少なくない割合の人が小学校高学年(もしくはそれ以上前)から高校3年までの9年間、ひたすらに勉強漬けになって大学生になっているのかもしれないということです。
そういう中からお医者さまや官僚などになっていく人がいるということなのでしょう。

人の価値観はそれぞれ違うのはわかりますし、本にも書かれていたことですが、そういう環境にあっても、持っている能力の高さによって、軽々と課題をクリアしていく層は別として、東大など難関大に受かるための勉強を量をこなすことを求められるスタイルで長年続けた末に希望の大学に進学できたという子は、一体どんな大人になるんだろうと心配になります。(大きなお世話かもしれませんが…。)

子どもの間にしかできないことというのは絶対にあると思いますし、学び方だって色々あるはずです。
その塾では東大合格のためにはこの勉強をすればOKというような確固たるものがおありなのだとは思いますが、だとすれば、与えられたものをこなすことで志望大学に進学できたという子達が少なからずいるということにもなるのでしょう。大学合格という目標については、それで達成できるかもしれませんが、そこが最終ゴールではないわけですから、その選択は人生においては本当にそれでいいのか、その辺りが私にはどうももやもやしてしまいます。

|

« オフ | トップページ | 気づく子と気づかない子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの価値観なのだとは思いつつ:

« オフ | トップページ | 気づく子と気づかない子 »