« 気を利かさない | トップページ | 忘れないよう気をつけよう »

2016年9月27日 (火)

ゲーム

今日、いつもなら元気に登場してくれる子が、なんとなくいつもと違う感じで教室に入ってきました。
レッスンを始めるときも、普段なら元気に何かおしゃべりしながら宿題を出してくれるのですが、宿題を出すことなく静かにパズルのプリントをやり始め、途中で思い出して宿題のファイルを出しました。

鼻をぐずぐずいわせていたので、風邪気味なのか、何かのアレルギーなのかと気になりつつ、ティッシュを渡し、いつもより静かな感じでレッスンが進んでいました。
しかし、どうも今ひとつ集中できていないような気がして(おしゃべりをするでもなく、ふざけているでもないのですが、ぐっと集中して考えられていないような感じで)、更には、普段のその子ならしないようなミスも多発し、どうしたのかなぁと思いつつレッスンが進んでいきました。

結局はそれなりにはやってくれたのですが、普段のその子なら少なくともあと2、3割多く課題に取り組めたのではという印象があり、お迎えに来られたおうちの方とお話をしたところ、教室に来る前におうちの方にかなり怒られたのだと。
その子がそんなに怒られるのは珍しいなと思って更にお尋ねしたところ、ゲームを止めなかったことが原因だったとか。そして、その子の言い分としては、そんなに長い時間やっていないし、いいところでやめさせられた、あと少しで終わるところだったと。

怒られた上に、ちょうど佳境でやめさせられて、色々心穏やかではなかったから、今日のレッスンでは何かいつもと違ったのだなと納得はしましたが、考えることが楽しそうなこの子でも、ゲームが原因でこんな風になるんだなとも思いました。

その子に、ゲームを途中でやめたくない気持ちはよくわかるという話をし、大人でも(私自身も…)ついついやめられずにやってしまって、おうちのことが後回しになったりということがあるということも話し、小さいうちはもっといろいろなことに頭を使った方がもっともっと賢くなるということなども話しました。

もちろん、そんな話をしたぐらいで、すぐに切り替えられるものでもないとは思いますが、おうちの方が話すよりは少しは耳を貸してくれるかもしれないと思って話しました。

ゲームについては恐らく多くのご家庭で悩んだり迷ったり、親子喧嘩をしたりしながらというようなことがおありではないかと思います。
そんなとき、もし第三者がお子さんにお話しすることで多少でも何か感じてもらえるかもということがあれば、私でよければいつでもお話させて頂きますので、遠慮なくお知らせください。

|

« 気を利かさない | トップページ | 忘れないよう気をつけよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム:

« 気を利かさない | トップページ | 忘れないよう気をつけよう »