« 興味深いこと。 | トップページ | めんどくさがり »

2016年1月13日 (水)

ジレンマ

小さい頃から通ってくれている、もう高学年になった子とレッスンをしていると、このところずっとジレンマを感じてしまっています。

本人は何とも思っていないと思いますし、学習している内容に対してはしっかり考えることもできていて、きちんと理解もできているように感じます。
ですから、何も問題はないとも言えるのですが、性格なのか何なのか、長年通ってくれている子にしては珍しく、スピードが極めてゆっくりのままなのです。
とても真面目に取り組んでくれていますし、きちんと考えることもできており、応用問題なども自発的に図を描いたりしながら解くこともできるので、そういう面では全く心配はないものの、ここまでスピードが上がらないのも珍しい上、学年が上がってくるとある程度スピードを要求される場面も出てくるのではないかと思うだけに、勝手に心配になっています。

性格的なものもあるのかもしれず、せっかくじっくり考えられているのに急がせるのはかえってマイナスに働いてしまうのではという不安もあり、かといってこのままのペースでこの先困ることも出てくるのではということも不安であり…。

まあ、こう考えてみると、今のところ急ぐ必要を感じていないから速くなっていないということなのかもしれませんし、学校の算数で困っているということはなさそうですので、もう少し様子を見てもいいのかもしれません。
ただ、春には更に1学年上がりますし、レッスンの中で時間制限を設けて取り組んでもらうものなども組み入れていくことも考えてみようかと思います。

|

« 興味深いこと。 | トップページ | めんどくさがり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジレンマ:

« 興味深いこと。 | トップページ | めんどくさがり »