« 明日で夏休みのレッスンもおしまい。 | トップページ | オフでした。 »

2015年8月30日 (日)

どちらがいいのか悩むけど。

教室に来てくれる子達の中に算数が苦手、数の感覚が身についていないという子が時々います。
最近は少なくなりましたが、以前はそろばんやプリント反復の教室などで計算などをかなり「訓練」してきた子などの中にも、計算の仕方は知っているけれど、その答えが正しいかどうか判断がつかず、全く桁が違うような答えを書いてもおかしいと感じないというような子達がいました。
そういう子達はほとんどが、自分が出した答えについて「合ってる?」と聞いてきます。

今来てくれている、算数に関して発展途上の子が2ケタ×2ケタの掛け算の筆算をしているのですが、その子はまだ数の感覚が乏しいので、あり得ないような答えを書いてもおかしいかどうか気づきません。
それでもやり方を覚えようとして、書いた答えを「これ合ってる?」と何度も聞いてきます。

学校や一般的な塾などでは、苦手な子にはとりあえず答えが出せるようにやり方を教え込むということも珍しくないのかもしれないなと思います。
またご家庭などでも「合ってる?」と聞かれたら、YesかNoを答えることもあるのではないかと思います。

でも、その子は自分ではその答えが正しいのかどうか全く実感できていない状態でマルをもらうことにどれだけの価値があるのか、私にはまだよくわからないのです。

ですから、その子には時間がかかっても、足し算などを繰り返して答えがいくつになるのか本人がある程度納得できる方法で(ただ、時間はかかりますし、傍から見ているとかなり回りくどい方法で)考えてもらっています。
そういうことを何度も繰り返すうち、少しずつかもしれませんが、2ケタと2ケタをかけた答えがどういうふうに考えたら出てくるのか、10倍したら答えはどうなるのか、そういうことに気づいていってくれるのではないかと思うからです。

もちろん、高学年や中学生になって、学校の進度が速くなってくると、じっくり時間をかけることは難しくなるかもしれませんが、それが可能な間はとにかく自分が納得して答えを出してくれることに重きを置いています。

このこだわりは正しいのかどうか迷うときもありますが、あるたとえを考えたとき、今はこれでいいのではないかと思えました。

というのは、例えば小さい子が難しい漢字をたくさん覚えているとか、英単語がたくさん書けるとかいうようなことがあったとして、漢字や英単語は書けるけど読み方や意味、使い方を知らないとしたら、それはほとんど役に立たない記憶なのは間違いないはずです。

もちろん、ここで意見が分かれるとすれば、意味なんてわからなくても、頭が柔らかいうちにとりあえず覚えさせてしまって、後から意味や使い方を理解すればいいのだという立場の方もおられるだろうということです。
それもある面では正しいのかなと思いますが、頭が柔らかいうちは機械的暗記より、頭の色々な部分を使うことの方が大事なのだと思っていますので、やはり私は回りくどい方法であっても、本人が正しいかどうか考えられる方法があるのであれば、その方法をまずは優先していきたいと思います。

発展途上のその子がなんとか3、4年ぐらいまでの間にしっかりとした力を身につけてくれたらと、今は願っています。

|

« 明日で夏休みのレッスンもおしまい。 | トップページ | オフでした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どちらがいいのか悩むけど。:

« 明日で夏休みのレッスンもおしまい。 | トップページ | オフでした。 »