« 勉強も同じだな。 | トップページ | わかった気になる落とし穴 »

2015年7月 1日 (水)

ホントに変わってきているね。

今日のレッスンでのこと。
2年生の時点で既にかなり算数で躓いた状態で来てくれて、今は3年生になった子とのレッスンがありました。

時々その子のことを書いていますが、初めの頃は本当にかなり深刻な状態で、言っていること、問題に書かれていること自体が理解できないようなところもあり、簡単な引き算でも指で数えられる10を超えたあたりで怪しくなる。何度も教具などを使ってレッスンをしても、いざ計算式だけのプリントになると、左の数から右の数を引かねばならないのに、繰り下がりなどがある場合、十の位は左から引いて、一の位は右から引くというように、引ける方から勝手に引いてしまったりということが頻発していました。

それが少しずつ変わり始め、最近は見ていても明らかに「ああ、今考えてるな」とわかる表情を見せたり、間違えるにしても推測ができるような間違いになってきたり、1年前と比べると相当な変化が見られるようになりました。

一番大きな変化なのではないかと感じるのが、当初はしゃべり方もたどたどしく、目にも力がこもっていなかったのですが、しっかりこちらの目を見て、随分しっかりしゃべるようになったことです。
言葉は頭で考えてから発せられるものなのだと思いますので、考えることができるようになって、しゃべり方にも変化が見え始めたのかもしれません。

更に嬉しく感じる変化は、問題の意味などがわからないときにも、漠然と全体がわからないという感じではなく、「ここのところがよくわかりません」というような言い方ができるようになったことです。

まだ3年生ですから、変わり始めたらこれからどんどん変わっていくのではないかと、今後がかなり楽しみになっています。

|

« 勉強も同じだな。 | トップページ | わかった気になる落とし穴 »