« 例によって…。 | トップページ | 考えることはできているのに。 »

2015年2月10日 (火)

恩師

結局は情報が間違っている可能性が出てきたので、間違っていてほしいと思っていますが、今日、高校時代の恩師が亡くなられたらしいという話が同級生から伝わってきました。

その先生は高1のときの担任で、ご担当は数学。
何があったか、環境の変化のせいか、まあ、確かに進度も学習内容も速かったのは否定しませんが、それにしても入学直後に数学で落ちこぼれ、日々の小テストでも常に0点。
数学が一番ひどかったものの、他の教科も進度は早いわ、宿題や予習すらこなしきれない日々に思い悩み、1学期の間に何度学校を辞めようかと思ったかわかりません。

ただ、真面目ではあったので、担任もそれはわかってくださっていたのでしょう。
0点を取り続ける私がたまに部分点で5点とか取っただけでも心から褒めてくださいました。
そんなことが続くうち、何が何でもこの先生の数学だけはできるようになりたいと、全く何も分からない状態からひたすらに問題に向き合い、解説を読み続け、答えを移し続け…そんなことを繰り返すうちに、あるとき突然解説の意味が理解でき、それをきっかけにそれ以前の内容も一気に理解できたということがあったのです。

それは今でも忘れられないことで、私自身、とにかくたったひとつ数学の片方だけをがんばり続けた結果、なぜか2学期には全教科の成績が上がったという思いがけない結果となりました。

あのとき、担任があの先生でなければ、私の人生は全く違ったものになったかもしれません。
あの先生には進路指導の際にも本当に感謝していることがあって、とにかく誤報であることを祈っているところです。

|

« 例によって…。 | トップページ | 考えることはできているのに。 »