« どんよりな日 | トップページ | 確定申告ひとまず完了。 »

2015年2月21日 (土)

確かな進歩

ゆっくりゆっくりではあるものの、全く真っ白の状態から一緒にレッスンさせてもらって、1年ほどで随分色んなことができるようになった子がいます。

その子とひと月ほど前から掛け算をしているのですが、初めのうちは少し戸惑いがあったり、意味は分かったようなのに途中で混乱しているようだったり、かける数とかけられる数を反対にしても答えは同じであるということを教具を見せながら説明しても、それはどうも今一つピンとこないようだったり、色々な反応を見せながらレッスンを重ねてきました。

足し算引き算もその子なりに指を使って考える方法で落ち着いているようで、それがその子には安心するようなので、無理に変えさせてはいないのですが、そういう方法なので答えが出るのにはやはりやや時間がかかります。
それなのに、まだ九九を全く知らないその子と今回レッスンをしたところ、問題によってはものすごい速さで答えを書くことができるものがあり、それも、単に「1」や「2」が関係しているものに限定しているわけでもなくて、見ていてなんだか不思議な気分になりました。

でも、その子の穏やかな表情を見ていると、どうしてなのかはわからないものの、その子なりにとてもすんなり理解できる計算があるということなんだろうなと。
何度か回を重ねるうち、掛け算というのがどういうものなのかは随分わかってきたようで、その安心感もあるのかもしれませんが、思った以上にスムーズにできているので、見ていてまた嬉しくなりました。

こうしてひとつひとつ確かに進歩しているんだなと、できることを静かに喜んでいるようなその子の表情を見て、今日もまた幸せな気持ちになれました。

|

« どんよりな日 | トップページ | 確定申告ひとまず完了。 »