« 今日もすごい。 | トップページ | 見えたらいいのになぁ…。 »

2013年6月20日 (木)

集中が続く時間

子ども達とレッスンをしていると、ほとんどの子がぐ~っと集中した後、一定の時間が経過すると、一所懸命取り組んでいるにも関わらず、それまでできていたことができなくなったり、集中ができなくなったりします。

集中が続く時間は子どもによっても、その子のその日のコンディションや学習内容などによっても変わってきますので、一概には言えないのですが、ぐ~っと集中して、頭をフル回転させると、オーバーヒートするのか、エネルギーを使い切ってしまうのか、そのあたりはわかりませんが、そのタイミングで何か違うことに切り替えてあげなければ、そこからはなかなか先に進まなくなる場合が多いように感じます。

また、子どもによってはレッスン時間の中で何度も波があって、集中しているなと思ったら突然ちんぷんかんぷんなことを答え出したり、かと思えばまたできるようになったりを繰り返すようなこともあります。

もともと、同じようなものが続くと単調になって集中が続かなくなるのはわかりますので、単純計算のプリントが続くような場合はプリントの順番を入れ替えたり、途中、思考力系の問題を挟んだりと気分転換になるようなことをしてもらうなどしていますが、そのあたりも、子どもによっては同じものが続いても調子がいいときはそのまま続けたがる場合もありますし、なかなか一概にこうという方法がありません。

ですが、集中できる時間が少しでも多くなる方が子どもも充実した学びができるわけですので、そのあたりをなんとかよりきめ細かく対応できないものだろうかと、どこかにはまり込んでしまったり、終盤にへろへろになってしまったりする子を見ながら思います。

|

« 今日もすごい。 | トップページ | 見えたらいいのになぁ…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 集中が続く時間:

« 今日もすごい。 | トップページ | 見えたらいいのになぁ…。 »