« あっという間の1日 | トップページ | 今日もすごい。 »

2013年6月18日 (火)

それ言っちゃいますか…。

うちは中学生の子はごく僅かしかいませんが、今日はそのうち2人の子のレッスンがありました。
同じ中学に通っている子達なので、数学の先生も同じらしいのですが、期末試験が迫ってきて、試験範囲のおさらいをしようとしていたときのことでした。

一筆書きの星型のとがった部分の角度の合計が何度になるかという定番のような問題があるのですが、その問題を「先生が180度って覚えてしまえって言ってた」と。

そう言った方の子に「なんで180度になるん?」と尋ねると、「え?なんか線延長して説明してたけど、話聞いてない」との答えが…。
まあ、それならそれでちょうどいいと、「じゃあなんで180度になるんか説明して」としばらく考えてもらいました。

学校だと一度に30人、40人の子相手に授業をせねばなりませんし、中には数学が苦手な子もそれなりの割合でいるでしょうから、やむを得ない面もあるのだろうとは思います。
それに、彼女の話では何らかの説明はされたようですから、それをちゃんと聞いていなかった彼女がいけないといえばそうかもしれません。

ただ、説明して覚えさせると、ほとんどの子が説明の部分は記憶から消えて、ピンポイントでそのことだけを覚えるので、当然忘れることも多くなりますし、現に「こういうのは180度って覚えてしまえって言われた」という話により、答えが540度になるものにまで180度と答えていたりもしましたので、本人の頭を通し、納得させたものでなければ、結局そんな風になってしまうことが多いのも事実だと思います。

もちろん覚えなければいけないものはありますし、また、努力してもどうしても理解ができないような子にはとりあえず覚えて少しでも点を取らせるというのも方法としてはありだとは思いますが、「考えずに覚えてしまえ」というような指導は極力最小限にとどめてもらえたらなぁと思ってしまいますね。

|

« あっという間の1日 | トップページ | 今日もすごい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それ言っちゃいますか…。:

« あっという間の1日 | トップページ | 今日もすごい。 »