« 今週も無事終了。 | トップページ | なんかほっとする。 »

2012年8月20日 (月)

きちんとやれば面白いのかもな。

どうしてなのか、この夏もまた数Ⅰ、数Aの最初のあたりを解く必要があり、青チャートとにらめっこしています。
物忘れが激しくなり、物覚えも悪くなった身としては、少し前に解いたようなものでも、公式などはあっという間に忘れていますし、公式に当てはめて解いただけでは人に伝えるときに何の役にも立ちませんので、まず自分なりにあれこれ考えてみるわけですが、多分、小中学校で算数や数学が好きだった子、じっくり考えることが好きな子であれば、時間をかけてじっくり取り組める状況があれば、数学は高校に行ってからも面白いと思えるのかもしれないなと思ったりします。

ただ、進学校などに行ってしまうと、大半の子が授業についていくことや宿題をこなすことでいっぱいいっぱいになるような進度で進んだりする場合が多く、数学だけにじっくり時間をかけるということが難しいということがあるんだろうなと。

であればやはり、余裕がある中学生のうちに(もちろん、数学が好きな子達の場合はということになるかと思いますが)、高校数学に手をつけておくのがいいのではないかなと思ったりします。

実際、私も子どもの頃からもう少しじっくり考える学びをしていれば、高校数学ではげしく躓くこともなかったのではないかと思いますし、理系の数学にももしかしたら(あくまでももしかしたらですけど…)挫折せずに済んだのかもしれないなと。

以前、高校数学を前倒しして中学時代に数Ⅰ、数Aを終わらせるという塾をしておられる方が書かれた本を読みましたが、無理して先取りをさせるということではなく、じっくり学ぶためにはそれもひとつの方法としてありではないかなと思えます。
今中学生のお子さんがおられる方で、お子さんが数学が好きであれば、そういうことも検討してみられてはどうでしょう。

|

« 今週も無事終了。 | トップページ | なんかほっとする。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きちんとやれば面白いのかもな。:

« 今週も無事終了。 | トップページ | なんかほっとする。 »