« 理解する過程 | トップページ | どうしてなんだろう。 »

2011年11月14日 (月)

ちょっと考えさせられた

いいカッコしてもしょうがないので、私のぐーたらっぷり、無精っぷりはこれまでにもさんざんブログで告白(?)してきましたが、今日、N○Kでサッカー日本代表の本田選手のドキュメンタリーがあり、それを見ていて感じたことがあります。

まず、とても驚いたのが、今では日本代表には欠かせない存在となっている本田選手も、中学生の頃は足も遅く、全然ぱっとした選手ではなかったということ。
チームメイト達とグラウンドを走っていても、いつもビリだったというほどの足の遅さで、ガンバのユースチームでも上のチームに上がることが叶わず、高校から大阪を離れサッカーの名門校へ進んだと。

その高校でサッカーの練習はもちろんのこと、陸上部の友人に走り方を教わり、早朝練習の更に前に毎朝ランニングを続けたというエピソードなども紹介されていました。
そんな地道な努力の積み重ねが今につながっているのかと思うと、ちょっと感動してしまいました。

日本代表に選ばれるような選手の多くは小さい頃から既に頭角を現して…という感じだと思うのですが(もちろん、そうでない人もいるでしょうけど)、昔のチームメイトにすごい選手になんてなれないと思っていたと言われるぐらいのところから、努力を重ねてそこまで昇り、更にまだまだ高みを目指していることが、本当に素晴らしいなと。

長友選手でもそうですが、本田選手も、目標が「世界一」。長友選手は「世界一のサイドバック」ですが、本田選手は「世界一のサッカー選手」と、更に高い目標を掲げている。
その高い、不可能にも思えるような目標を大真面目に掲げ、そこに到達できるかどうかはわからなくても、ひたすらにそこを目指して努力しているんだなと。

そして、何より感じたのは、その高い目標を掲げ、いつかそれを達成してやるという強い気持ちを持っているからこそ、何度挫折しても、何度壁にぶつかっても、立ち上がって前進していけるんだろうなと。

私なんて、特に目標らしい目標もなく、日々漫然と過ごしてしまっているわけで、何か大きな目標があれば、きっともっと真剣に努力するんだろうなと、ちょっとそんなことを考えました。

今日の番組の中で何度も「信じる力」という言葉を使っていましたが、周囲の人間はもしかしたらバカにするかもしれないような大きな目標を堂々と語り、それを実現させるべく努力する。自分だけは必ずそれが実現できると信じることができれば、いつかそれは本当に実現する。そういうことなのかなと。

いきなり大きな目標を持つことはできそうにありませんが、どこを目指したいのか、何を成し遂げたいのか、ちょっと考えてみようと思いました。

|

« 理解する過程 | トップページ | どうしてなんだろう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと考えさせられた:

« 理解する過程 | トップページ | どうしてなんだろう。 »