« 可哀想だけど・・・ | トップページ | 奇想天外 »

2011年11月10日 (木)

今日は不思議な日

かなり個性派で完全な天才肌(賢いときとそうでないときの落差がかなり激しいという…)の彼は今日のレッスンでほぼ1時間中、とても賢い顔で、前回までわ~わ~ぎゃ~ぎゃ~言って苦労していたより更に難しい問題を、ほぼ全く何の手助けも必要とせずに、落ち着いて次々と解いて行ってくれました。

前回までとのあまりの変化に、お家で特訓でもしたんだろうか?と思ったのですが、いらしてお母さまに伺っても、そんなことはないとのこと。
よくわからないものの、よくできたね、すごかったねと1時間が終了。

そして、別の時間。こちらは高学年の彼。この子は落ち着いて考えれば十分力があるのに、なぜか焦って間違い、それが続くとイライラし始めるという悪循環に陥ることが少なくありません。
しかし、今日は来てくれたときから表情が穏やかで、宿題も殆ど間違いがなく、直しも早々に終わって新しい単元に進み、そこもスラスラできたため、もうひとつの単元にも進みました。

同じ時間の妹ちゃんは、もともと落ち着いているのですが、まだ幼いので、難しかったり疲れてくると、だらっとしたり、明らかに嫌そうにしたりということがあります。
もちろん幼い子なので難しければ無理はしませんし、わかりやすい方法を提示したり、次回以降に回したりするわけですが、今日は何をしてもスイスイとすごいペースで進んでいきます。
レッスンの終盤になってようやく少し疲れたのか、迷路の問題で何度かやり直しはしたものの、予定していた倍近くのことをスラスラと終えてくれました。

普段レッスンをしていると、最初の子たちが調子がいいとその後の子も調子がいいことが多かったり、逆もしかりだったりするのですが、今日は本当に特にその3人はこれまでずっとレッスンしてきた中でも一番よくできたんじゃない?というぐらい、驚くほどよく頭が働いていました。

もちろんすごく嬉しいことですが、なんだったんでしょうね。
今日は不思議な日でした。(もちろん、こんな日はいくらあっても大歓迎ですが。)

|

« 可哀想だけど・・・ | トップページ | 奇想天外 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は不思議な日:

« 可哀想だけど・・・ | トップページ | 奇想天外 »