« ゆっくりだけど着実に | トップページ | 知らなかった…。(休日の話題) »

2011年11月19日 (土)

頭の中が見えるよう。

私自身は学生時代、展開図やら空間図形系の問題が全般に苦手でした。
教室を始めて、具体物を使いながら子ども達とあれこれレッスンしている間に、以前に比べればできるようになったことが増えましたが、それでも決して得意とは言えません。

教室の子ども達を見ていても、やはり、女の子は概ね苦手、男の子は概ね得意ということが多い分野のように思います。
ただ、もちろん、男の子でも苦手な子もいれば、女の子でも得意な子もいます。
以前も書きましたが、もう随分前にかなり流行った「男脳・女脳」という分類で言えば、男脳の方が空間認知が得意で、ただ、性別が男でも脳が女脳出会ったり、その逆であったりということがあるようですから、そういう専門の何かで調べれば、空間図形が得意な子たちの頭の中には何か共通点が見いだせるのかもしれませんね。

まあ、それはわかろうがわかるまいが、ああ、この子はこれが得意なんだなとか、その逆とかは子どもの様子を見ていればわかります。
そして、今日のレッスンで1年生の女の子が立方体の展開図が描かれたプリントを見ながら、どの頂点がどの頂点とくっつくかやどの辺はどの辺と重なるかやを考えていました。
その子の表情を見ていると、見えないはずのその子の頭の中が見えてくるような気分になりました。
じっくりと頭の中で展開図が組み立てられているらしいことがこちらに伝わってくるのです。そして、次々に問題をクリアしていく姿を見ながら、ああ、この子は女の子だけどこういう問題が得意なんだなぁと羨ましく見ていました。

教室の子たちの中には何人も、そのひらめき、絶対かなわない!とか、その暗算能力絶対負けてる…とか、すごい子が何人もいますが、今日の1年生の女の子と展開図の組み立ての問題などをやったら、かなわないかもしれないなぁと思うほど早くて正確でした。

みんなどんどんすごくなるなぁ。子どもって本当にすごいなぁ。
何年やっても、何度も何度もそんな気持ちになります。

|

« ゆっくりだけど着実に | トップページ | 知らなかった…。(休日の話題) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頭の中が見えるよう。:

« ゆっくりだけど着実に | トップページ | 知らなかった…。(休日の話題) »