« もう6月ですね。 | トップページ | 僅かに復活傾向。 »

2011年6月 2日 (木)

考えられる安心感

子ども達は本当にみんなそれぞれに個性があり、能力が異なります。
教室でメイン教材としているものも、確かにこれまで私が出会った教材の中では今のところ一番優れていると思ってはいますが、その教材を、私という同じ人間が提示したとしても、子ども一人ひとり反応が違います。

教室を始める前に、この教材の使い方についてもある程度私自身が学んだのですが、例えば、教具を見せすぎないとか、数える癖をつけさせないとか、色々な注意点があり、初めの頃はそのことに対してぴりぴりしていたようなところもあったのではないかと思います。

ただ、例えばひとつの教具を数回見せただけですんなり理解してしまう子もいれば、教具を見せる目安時間以上見せても全くピンとこない子もいるわけです。
で、ピンとこない子に対してどうするかということが問題になってくるわけですが、結局、どの子も自分がある程度理解できるようになってくれば、自然と見ないでやってみようという気持ちになったりすることが多く、そうでないにしても、長く子ども達とレッスンをしていると、子どもの表情や反応を見ていれば、およそ理解できたようだなとか、まだあやしいんだなとか、そういう判断もある程度はできるようになってきました。

で、子ども達の中には数の感覚が身につくのに時間がかかる子がいます。(最初のうちだけで、そのうちだんだん速くなってくるということももちろんありますが。)
そういう子達とレッスンをしていると、例えば数の教具を見せていても、実際に見ている間はいいのですが、それを頭でイメージするように促しても、その段階がかなり大変だという子がこれまでに何人もいました。

もちろん、マンツーマンとか、進度を全く気にしなくていいとかであれば、延々と教具を見せ続けることもできるのかもしれませんが、そうなると、例えばおうちで課題に取り組む際も、おうちの方がついていないと自分では解けない、もしくは、それでも解こうとすると指で数えて答えを出そうとしたりというようなことになる可能性は否めません。

最初の段階で苦労する子が比較的多いのが20までの繰り下がりの引き算なのですが、10までは比較的すんなりと来ても、20までになると急にがくんとペースが落ちるような子達にはどうしたらいいんだろうなと思っていました。

そこで、少し前からですが、実際の教具を見る段階から教具の絵が描いてあるプリントに進み、次の段階で足踏みしてしまう子達には、計算式だけのプリントに5のかたまりを表す細長いマル(もしくは線)と5に満たない数の部分はマルを使って、その数を図に表してもらうようにしてみました。

その図は描いてもいいし、描いた図は見てもいいことにすると、それまで全く考えられていない様子だった子達の表情が変わり、時間はかかっても考えられるようになることがほとんどでした。
そして、それを繰り返すことで、子ども自身が5のかたまりを意識し、数の「形」を意識するようになり、つきっきりでなくとも子ども自身が考え、徐々に図を描かずに頭の中で考えられるようになっていきました。

はっきりイメージできる子に図をかけというと、面倒がる子もいるでしょうが、イメージするのが苦手な子であれば、見える状態にするということが重要なのだと思います。

そして、これまでにも何度も書いていることですが、子ども達は最初のうちは考えることにとてもとても時間がかかる場合が多いので、家庭学習などの際にも、周りの大人がくれぐれも邪魔をしないよう(途中で思考を遮るぐらいなら、子どもが何か言ってくるまでは放っておくほうがいいぐらいだと思います。)じっくり待ってあげてもらえたらと思います。

|

« もう6月ですね。 | トップページ | 僅かに復活傾向。 »

コメント

子どもが「どうすれば考えるようになるのか」は私のテーマです。
まだまだ産まれたて卵(ヒナにもなっていません)の私には難しい取り組みでもあります。

じっくり考える子と、そうでない子の差が物凄くあり…私自身が勉強しながら日々 進んでいます。

今日も「分からない。」「だから何もしたくない。」という子どもさんがありました。


来年度には一クラスの人数を もう少し減らして(今は無学年生6〜8人です)
ゆっくり・じっくり・丁寧に。。。と思っていますが
今年度は このまま進めていきますので その取り組み方で悩みます。

例えば 文章題1つをとっても「分からん」だけを連発する子。
考える欠片もなくてグチャグチャにしてくる子。
いろ〜んな子がいてて難しいです。


5の固まりであろうが10の固まりであろうが…イヤなものは「イラン!!」でお仕舞い(TT)

で 教材が★★★と思ってしまうワケです(ToT)

まだまだ力不足も重々承知ですが…。
毎日の授業ですので…。

後 今日の記事には全く関係ありませんが…
以前のかなり昔の記事に国語で幅広く使える教材が載っていましたが どのような物なのか また教えて頂ければ嬉しいです。

本当に…難しさが多々あって。。。頭では分かっていてもナカナカです。

どうぞ 色々教えて下さい。
これからもよろしくお願いします♪

投稿: ホームティーチャー | 2011年6月 4日 (土) 00時40分

こちらにもコメント頂き、ありがとうございます。
お役にたてるかどうかわかりませんが、またメールさせて頂きます。

国語の教材の件ですが、どの記事でしょうか?(汗)
かなり昔だったら、何のことを書いたのかはっきりしないもので、
もしよろしければどの記事のことをおっしゃっているのか、また
メールにてお知らせ頂けませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

投稿: TOH | 2011年6月12日 (日) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/51839765

この記事へのトラックバック一覧です: 考えられる安心感:

« もう6月ですね。 | トップページ | 僅かに復活傾向。 »