« 変わり始めたかな。 | トップページ | それはすごいぞ! »

2011年2月17日 (木)

大人になってもなおらないこと

まあ、子どもの頃の性格が大人になってガラッと変わるということはそんなにはないことなのでしょうから、子どもの頃苦手だったことが大人になって得意になった、好きになったなんてことがどのぐらいあるのかわかりませんが、実は私、意外に思われるかもしれませんが、子どもの頃からずっと電話をかけるのが苦手です。
もちろん、決して無口な子どもではありませんでしたし、友人などに電話をかけてしまえばあとは平気でいくらでもしゃべるのですが、「電話をかける」ということが私にとってかなりハードルが高く、冗談みたいですが、子どもの頃、よく知っている友人に電話をするときでさえ、電話の前で心臓がバクバクしているほどで…。(苦笑)

更に、もともとは電話に出るのも決して得意ではなくて、会社員になりたての頃、他の同期や先輩方が出てくださるのを祈りつつ電話に出ずにしのいでいたら、しっかり上司にバレていて、確か入社2週間目ぐらいに同じ部署の先輩方に「お前ら電話出るな!あいつ(私のこと)取らせろ!」と強制的に電話を取らされてしまったほどで…。(汗)

その上司のお蔭か、出るのはほとんど緊張しなくなったのですが、それでも未だに電話はやはりあまり得意ではありません。それも、かけるのがとても…。

この仕事をしていて、電話をかけるのが苦手というのは結構問題あるよなぁと思うのですが、これがどうにもなかなか克服できず…。
幸か不幸か今はメールという手段がありますから、よほど急ぎの用やメールアドレスを伺っていない方でなければ、メールをお送りしておいてお返事を待たせて頂くこともできるのですが、電話すればあっという間に済むこともあるだろうとも思います。

子どもの頃からどうしてそんなにも苦手なのか、自分でもよくわからないのですが(少なくとも子どもの頃から「おとなしい」とか「物静か」とか「無口」とか、そういう形容をしてもらったことはありませんし…)、どうすればもう少し平気になれるんだろうなぁとは思います。

お電話を差し上げるときは、「今お電話大丈夫ですか?」とまずお尋ねするのですが、あれを言うとき、結構内心ドキドキ、おろおろしていたりするのです。(苦笑)

国語の教材の中に、電話より手紙の方がいいと書いておられる文章があり、かける方はかけられる方の置かれている状況にまで思いをはせることがあまりないのだろうというようなことが書かれていたのですが、それを読んで、私はこの方の言いたいことよ~~くわかるよ、と思いました。
私の場合、それを考え過ぎるので余計かけられなくなってしまうのですが…。

例えば、小さいお子さんがおられるご家庭などでは、21時でももう遅いかも…と思ったり、20時頃だとお風呂の時間かも…とか、かといってもう少し早いとお食事中かもとか、お食事の準備中かも…とか際限なく気になることが…。(苦笑)

日中は日中で、お出かけされているかも…とか、お出かけされているのに携帯が鳴ったらご迷惑かも…とか、もうここまで来ると、電話をかけたくないので無理矢理かけない理由を探しているとしか思えない状況になってくるのですが…。(汗)

もちろん、急用であるとか、絶対電話をしなければならない場合はかけますが、そうでない場合、自ら進んで電話するということはプライベートでもまずありません…。

どうにかならないもんでしょうかね、この性質…。

|

« 変わり始めたかな。 | トップページ | それはすごいぞ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人になってもなおらないこと:

« 変わり始めたかな。 | トップページ | それはすごいぞ! »