« いただきました。 | トップページ | やっぱり。 »

2010年6月25日 (金)

今日はやっぱりこの話題。

サッカーの予選最終戦は日本時間3時半開始…。
当初の予定では仕事が済んだらなるべく早めに帰って、一旦3、4時間寝て、試合終了後あと3、4時間寝ようと思っていたのですが、あまり早くは帰れず、帰宅して食事してだんだん半端な時間になり、おまけに私、一度寝てしまうとそう簡単には目覚めない…。

さすがに3時過ぎに目覚ましを鳴らすのはご近所迷惑になるかも…とも思い、おまけに、目覚ましで目覚められず、起きたら終わってたなんてのは絶対避けたいし…と、結局眠ることもできぬまま試合開始を待ちました。

開始後は小さなアナログテレビ(何しろ普段見ませんし…)の前にかぶりつき。
古いし小さいし、アナログだし、思わず大きなテレビで見たい!!と思いました。(苦笑)

開始から15分ぐらいでしょうか、かなり危険なムードがぷんぷん。点を入れられるんじゃと気が気じゃなく…。
でも、幸い立て直し、その直後、あのミラクルなフリーキックからのゴール。
深夜(早朝?)のひとりの部屋で手が痛くなるぐらい拍手してしまいました…。(汗)
次に遠藤選手が決めたときは、美しいシュートに惚れ惚れ…。

後半、1点取られた後に追加点を取り、本当に文句なしの素晴らしい結果を収めてくれました。もう興奮して、途中では感動で涙が出そうになるし、シュートが決まれば手が痛くなるまで拍手するし、終わってからもなかなか寝付けませんでした…。(苦笑)

試合の中で印象に残るシーンはいくつもありましたが、一番のシーンはPKをはじいた後、こぼれ球を決められた瞬間の川島選手。
本当に本当に悔しそうに何度も何度も地面を殴りつけている姿に思わず胸がキュンと。(汗)

あの姿を見たとき、大学時代体育会のマネージャーをしていたときに感じたことがありありと蘇りました。

大学の体育会でレギュラーメンバーと言えば3回生、4回生が中心で、そうなるとみんな既に二十歳を超えていて、そんな年齢のメンバーが何の儲けにもならないのに(まだバブルの頃だったので、バイトしたらそれなりに稼げた時代でしたし…)きつい練習に耐え、勝っては抱き合って喜び、負ければ悔し涙を流し…。
そんな姿を見るのが大好きでした。

ひとりひとりの力は小さくても一丸になればすごい力が出せたり、仮に技術的にかなりうまい選手がひとりいても、その人ひとりでは決していい戦績は残せなかったり…。
そういう世界がとてもとても好きでした。(まあ、私も小学生の頃から大学卒業までずっと体育会系所属ですから…。)

今回の日本代表。自分達は下手くそだと言い、チーム力で戦うとも。
でも、チームが一丸となるというのは、時に予想を遥かに超える力を発揮したりすると思うのです。

実際、大学の4年間で、自分が1回生だった頃の4回生は高校時代からの経験者も何人もおり(マイナースポーツだったので大学で初めてという人もかなり多かったもので)、技術的にはセレクションでメンバーを集めている私立大ともある程度互角に戦えるぐらいでしたが、よく言えばスマートで、泥臭さのないチームだったので、明らかな誤審に抗議もせず、敗戦、リーグ落ちなんてこともありました。

ですが、3回生の頃のレギュラーメンバーは、それこそがむしゃら、泥臭いという表現がぴったりくるようなメンバーが何人もいて、技術面では先輩方の代には及ばなかったのですが、いくつも印象に残るいい試合をしてくれました。

そんな色んなことを思い出してしまいつつ、自分達は下手くそと言える日本代表は、次もきっといい試合を見せてくれるのではと期待しています。

仕事には全く関係ない話題ですみません…。(苦笑)

|

« いただきました。 | トップページ | やっぱり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日はやっぱりこの話題。:

« いただきました。 | トップページ | やっぱり。 »