« イラストロジック | トップページ | 好奇心(2) »

2009年9月20日 (日)

連休初日

私にとっては今日が連休初日。
でも、例によって計画力もなければ、出無精で、更に年々友人も減る一方なもので、お休みと言っても何の予定もなし。
もともと人ごみが苦手なこともあり、街に出ても人が多いだろうなぁと思うと、ますます引きこもり。

更に、パズル本を何冊か買ってしまったものだから、結局今日は目と首、肩がシバシバ、こりこりになるまでパズル三昧…。

外はとてもいい天気で行楽日和な感じだったんですけどねぇ。(苦笑)

今日、新聞を見ていたら、絵本作家のいもとようこさんのインタビュー記事が出ていました。
教室には子ども達用にも色々本を置いていて、絵本も30冊近くはあるでしょうか。(ちゃんと数えたことがないので正確にはわかりませんが…。)その中に、いもとさんが絵を描かれたものが3冊か4冊あったかと思います。

恐らく、たくさんの本でいもとさんのお名前を見るようになった頃には私は「絵本」とはあまり縁のない年齢になっていたこともあり、お名前を知らなかったのですが、ここ数年、書店で絵本を見ると、あたたかくてやさしい、多分女性は好きだろうなというタッチの絵の絵本が何冊もあり、絵を描かれた方のお名前を見ると「いもとようこ」となっていたので、ああ、この方、たくさん絵本を描いておられるんだなぁ、人気がおありなんだなぁと思っていました。

その方のインタビュー記事の中で印象に残ったことが。

いもとさんはこれまでに300作以上の絵本を出版されているそうなのですが、6人姉妹の中で一番勉強ができなかったそうで、こんなことをおっしゃっています。(以下引用)

 小さい時からすごく不器用だし、優秀じゃないし、今も決して上手な絵描きではありません。かえって、それが良かったと思います。勉強も運動も苦手で、一つだけ人よりましなのが絵だった。何でもできたら、何をしようか迷ったかもしれません。絵で何とかしなければ生きていけないと、今も同じ気持ちです。(後略)

もちろん、ご謙遜もおありでしょうし、金沢美術大をご卒業後、小学校の先生もなさっていたそうですので、きっとある程度以上勉強もお出来になったのだろうとは思います。
でも、「不器用で優秀ではないこと」が「よかった」と、「何でもできる」ことより、「一つだけ」きらりと光るものがあったことがよかったと、そう答えておられるのがなんだかとても印象深いなと。

本当にそうなんじゃないかなと。特にこれからの時代は、「なんでもできる」じゃなくて、「これだけはちょっと自信がある」って人が活躍の場を広げられる時代なんじゃないかなと、そんなことを思います。
決して学校での勉強は「全て」なんかじゃないんだと。

子ども達にももっともっとそう考えてもらえたらなと思います。
もちろん、勉強が得意な子、勉強に興味がある子はそれを究めればいいと思いますし、体育や図工、音楽を究める子がいてもいい。何かの習い事にとことん打ち込むんでもいい。
自分にはこれ!ってものが大人になるまでにしっかり見つかったら、その子はきっと自分の人生をしっかり歩んでいけるんじゃないかなと、そんなことを思います。

|

« イラストロジック | トップページ | 好奇心(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連休初日:

« イラストロジック | トップページ | 好奇心(2) »