« 連休明けはみんな好調でした。 | トップページ | 今日気づいて、改めて驚いたこと。 »

2009年9月25日 (金)

ああ、もしかして…。

連休中にバカみたいにペンシルパズルにはまったことは告白済みですが、何冊か買った中に、これも好きな子ははまるだろうなぁと思うものが。
多分イラストロジックほどには忍耐力も根気も必要ではなく、ルールも比較的簡単なので、普段教室でやっているパズルの中に混ぜてしまっても、すぐに子ども達は対応できるようになるだろうと思うものではあります。

ただ、買った本では一番初級レベルのものでもある程度難易度が高く、レッスンの終わりにやらせるとしたら、10分で1枚解けたら御の字かなという感じもするので、それをもう少し簡単にするか、おうちに宿題として1題持って帰らせるかという感じでないと難しいかなと。
そのため、すぐにそれを子ども達にとはいかないのですが、イラストロジックほどには目も疲れないし、それでもこれも結構理詰めで解いていけるところが多いので、ついついはまってしまいます…。

で、今日もレッスン前に頭の体操に…とかなんとか自分で理由をつけて解いていたのですが、そのときふと、ああ、子どもたちってこういう気持ちなのかもなぁと思ったことがありました。

特にパズル問題をやっているときに多いのですが、見ていると、かなりいい線まで行っていて、あとほんの少し手直しすれば完成しそうな状態で行き詰ったとき、大部分が合っているのに、全てを消してやり直そうとする子が少なからずおり、そのたび、「全部消さんでもいいのに。ほとんど合ってたで?」とか「せっかくあとちょっとやったのに、もったいない。」とか声をかけていました。
でも、少なくない子が言うことにも耳を貸さず、すっきり最初から考え直すのです。

これまでは、(なんでよ、もったいない…。)と本気で思っていました。

しかし、今自分でペンシルパズルの類をやっているとき、あと少しで完成しそうなところまで行ってつじつまが合わなくなったら、大抵の場合、私自身、投げ出す(もしくは後回しにする)か、全部消してやり直すかのどちらかしかしていないことに気づきました。

それまで集中して考えてきて、あと少しだ!と思ったときに行き詰ると、集中していた線がぷつんと途切れてしまうような感じがします。
それでもその問題をクリアしようとすれば、もう一度集中し直す必要があるので、一旦リセットしなければやる気になれないのです。
リセットするには、一旦その問題を離れて気分を変えるか、全て消して最初からやり直すかしかないわけです。

時間的なことなどを考えると、見直しておかしなところを探しだして直す方が早いかもしれませんが、気持ち的にそれは結構辛いことに思えます。

ああ、もしかして、子ども達もこんな気分なのかもなぁ…。

ふとそう思いました。
全部消すのはもったいないなんてことはなくって、その問題を解くためには必要なことなのかもしれません。特に、ある程度難しい問題を集中して考えていた場合などには。

これからは、「全部消したい」という子がいたら、止めずに消すのを手伝ってあげようかなと思います。(笑)

|

« 連休明けはみんな好調でした。 | トップページ | 今日気づいて、改めて驚いたこと。 »

コメント

そうなんですよね、生徒さんは迷路をしていて 行き詰まると 『先生、消して~』と 助けを求めます違う方向から 考えようとしてて、ぁ、ひとつ、見えたな?と 思えます(笑)

投稿: 太郎 | 2009年9月29日 (火) 01時53分

太郎さん、初めまして。(ですか?)
コメントありがとうございます。
太郎さんも塾をなさっているのですか?
子ども達に迷路などをさせておられるんですね~。
子ども達が集中している姿を見ているのって、なんだか幸せな気持ちに
なりますね。

投稿: TOH | 2009年9月29日 (火) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ああ、もしかして…。:

« 連休明けはみんな好調でした。 | トップページ | 今日気づいて、改めて驚いたこと。 »