« あれこれつれづれに…。 | トップページ | 変わっていくもの、変わらないもの »

2009年9月15日 (火)

悩ましい…。

5月に神戸で新型インフルエンザが確認され、そのときはどう対応すべきか判断がつかず、各ご家庭にご判断を委ねるような形になりましたが、一旦沈静化し、その間に秋以降の対応について考えておかねばと、マスクや消毒薬、クレべリンゲルやスプレーなど、多少の買い置きはしたのですが、皆様に書面にしてご案内を…と思いながらも、なかなか文章をまとめられず、つい延ばし延ばしになってしまっていました。

この日曜におおよその内容を考え、月曜に書面にしようと思っていたところ、ある保護者の方からお子さんが感染したとのご連絡が。

ここに関しては本当に迷いもあり、保護者の皆様のご意見も伺いたいとも思っていますが、ご家族のどなたかが感染し、発症された場合、教室としてはどう対応させて頂くのがベストなのか、このあたりでなかなか書面にし切れなかったところもあるのですが、迷いつつも、今日からお子さんにお手紙を持ち帰って頂いています。
ご本人がなられた場合は当然お休みして頂くことになりますが、学級閉鎖、学年閉鎖、学校閉鎖、また、先ほど挙げましたご家族が感染された場合、それぞれにつきまして、当面の対応を書かせて頂きました。

聞く限り、感染しても症状は比較的軽いようですが、聞けば聞くほどその感染力に脅威を感じています。
神戸のある児童館に出入りしていた子どもの誰かが夏休み終盤に感染したところ、その児童館に出入りしていた子ども達のほとんどが感染してしまったそうですし、これまで長年寝込んだことのなかった、季節性のインフルエンザも未経験の方が気をつけていたにも関わらず、感染されたとも伺いました。

友人や今日の子ども達の情報からも、かなり広がり始めているようです。(これがまた、私の自宅のすぐそばの中学校と徒歩圏の小学校がかなりの数、学級閉鎖になったそうで…。)

今日も教室で咳をしていた子に、申し訳ないけどマスクをしてもらいました。(お迎えに来られたお母様の話では、風邪をひいていたけどもう治られたとのことで、インフルエンザではないそうです。安心しました。)

私が子どもから移ってしまう分には、滅多にない「強制休養」ってことで、それもまたいいかとも思うのですが、大切なお子さんたちをお預かりしておりますので、やはり、ちょっと神経質と思われても、気をつけなくてはと思っています。(今後の状況を見ながら、また考えていきたいと思いますが。)

ただ…ひとつ悩ましいのが……よく「引き寄せの法則」とか、「イメージしたことが現実になる」とか、潜在意識の力うんぬんとかで、そのことばかり考えているとそのことが現実化してしまうという話があるじゃないですか。そこが困ったなと…。

神経をぴりぴりさせて、新型インフルエンザ…新型インフルエンザ…と考えていたら、それを引き寄せてしまうんじゃないかと…。
かといって、いつものように、いや~、私は絶対大丈夫!子ども達もきっと大丈夫よね~みたいな呑気な構えをしていていいものやらとも思うわけでして…。

う~ん…。

|

« あれこれつれづれに…。 | トップページ | 変わっていくもの、変わらないもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悩ましい…。:

« あれこれつれづれに…。 | トップページ | 変わっていくもの、変わらないもの »