« すみません・・・ | トップページ | 焦る…。 »

2008年7月 9日 (水)

わからないこと

ホントは別にかなり書きたいことがあるのですが、今日も遅くなってしまい、先ほど帰宅したところで、日付が変わるまでの時間があと僅かなため、かなり書きたいことは頭がすっきりしているとき(ってあるんだろうか…)に改めて。

体によくはないのだろうけど、ひとりの食事は味気ないので、ついついパソコンを眺めながら食べることが多い。
で、たまたま見つけた神戸にあるらしい塾の塾長さんのブログをちょこっとだけ見ていたところ、ある言葉がひっかかった。

その言葉は、これまで他の先生方が口にされたり、文にされたりしているのを見たことがあるのだけれど、そのたび妙に違和感を感じるのだ。
それは私が世間知らずだからなのか、まだまだ青いからなのか、それとも、指導スタイルの差なのか、いったい何なのかわからないけれど、どうしても納得がいかない言葉なのだ。

「授業なんて誰がやっても同じ」

そんなことってあるだろうか?
それはどういう意味なんだろう?

さすがに、例えば指導経験のない大学生の講師と指導歴何十年ものベテラン講師とを比較して「同じ」なんて言っているはずはないと思うけれど、例えば、ある程度指導経験のある人間同士なら、同じ単元の授業を誰がやったって大差ないという意味なんだろうか?

私にとってはそんなことあり得ない。

実際、私自身だって、塾講師時代と今とでは多分今の方が子どもを伸ばすという意味でいい指導ができるようになったのではと思うし、それだって、去年より今年の方がほんの少しは進歩したのではとも思っている。

同じ教材を与えられて、指導歴が同じぐらいの先生数人に授業をさせたら、本当に「同じ」結果が生まれるんだろうか?
そんなこと、どう考えてもあり得ない。

「授業なんて誰がやっても…」という発言をされる先生方は、どういう意味でそうおっしゃっているんだろうと、その言葉を目にするたび、耳にするたび、どうしても不思議でならないのだ。

|

« すみません・・・ | トップページ | 焦る…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わからないこと:

« すみません・・・ | トップページ | 焦る…。 »