« 話題変更。。。 | トップページ | 瞳キラキラ »

2008年4月24日 (木)

「親切な教材」は本当に親切なのか?

昨日書こうと思っていたこと。

以前にも書いたような気もするけれど、一般に多くの塾で使われている算数や数学の塾用教材には、しばしば「ヒント」とか「考え方」とかなんとかってことで、ページの右端などにそれぞれの問題に関するヒントなどが書かれていることがある。

また、単元の初めには例題とその解法が書かれており、その下にはその類題が書かれているというのも多い。

うちの高学年の子たちの何人かは塾用教材も使っているが、その子たちがたまに欄外のヒントを見て、こんなことを言う。

「ここに答え書いてあるやん!」

「これ、この通りにやったら解けるやん!」

子どもたちが言うように、本当にその通りなヒントも少なくない。

私は基本的に、子どもに例題とその解法は読ませないし、欄外に書かれていることも可能な限り読ませない。
本当はそういうものが一切書かれていない教材がほしいのだけれど、恐らくそんなものを欲しがる塾さんはほとんどないのだろう。
これまでのところ、副教材以外では解説のない問題集は見つけられずにいる。

しかし、答えに等しいヒントは何のために書かれているのだろう?
わからない子のためにということなのだとしたら、塾用教材なのだし、そこを先生がうまく指導すればいいのではと思わなくもない。

万が一、大勢を一斉に指導できるよう、指導者の手が回らなくても、子どもが内容を理解していなくても、それを読んでその通りにやればとりあえず正解が出せるように…という趣旨なのだとしたら、それは全く無意味なのではないかと思うし、そのためではないと思いたい。

ただ、あれが書かれていると、何気なく読んでしまった子はその時点で、自分で考えてみようとは思わなくなることが決して少なくない。
考えればわかる問題のはずなのに、解き方を読んでその通りに解き、それで正解になったら、次に似たような問題が出てくると、考えようとする前に「さっきのあの問題とおんなじや」とか言いながら、前のページを見ようとしたり、忘れてしまった解法を見直さなければ解けないと言い出したりする。

うちの子たちの中にも、解法を読んでその通りにやって正解になり、ページが変わって「あ、解き方忘れた!」なんていう子がたまにいる。解法を常に読んでいるわけではなく、たまたま目に入ってしまったなんて場合もあるが、考えずにその通りやった場合には殆どの場合、あとになって「忘れたからできない」なんてことを言い出す。

しかし、その問題は本来のその子なら、ちゃんと考えれば絶対解けるはずの問題だった場合、私は言ってみる。

「ホンマに解かれへんの?解き方なんて覚えへんでもあなたなら解けるはずやで?」

私がそう言って、真剣に考えたのに解けなかった子はまずいない。

考えればできる問題なのに、解法を読んでしまったばっかりに考えずに答えを出し、その結果「解き方を忘れた」といって思考停止に入ってしまうのは何とももったいないし、ある意味恐ろしいことだ。

もちろん、どこからどう考えていいかもわからないような問題をいきなり与えて自分で考えてみろというのは乱暴すぎるかもしれないが、絵や図を描いて考えれば解けそうなもの、その子の能力からすれば解けそうなものは、先に解法についてのヒントを与えることは害にさえなるように思う。

「親切な教材」は誰にとって親切なんだろう?
あの「ヒント」のお蔭で考えるチャンスを失っている子が少なからずいるように思えてならない。
どこかにうんと不親切な、だけど子どもたちにとって本当の意味で親切な教材はないものだろうか…。

|

« 話題変更。。。 | トップページ | 瞳キラキラ »

コメント

こんにちは、お久し振りです。
教材の余計な解説、同感ですね。

ですから、書店に並んでいる市販の問題集などは問題外。
ヒントはもちろん、制限時間、やった日付、配点など、まったく不要なものばかりで貴重なスペースを潰しています。

でも塾教材には、ヒントなしのものもありますよ。
私は問題集に関しては、もっぱらそういうテキストしか使いません(もしヒントが欄外などにあれば隠してコピーします)。

子どもはやはりヒントに頼ってしまいますから、先生のお気持ちよく分かります。

投稿: masa/k | 2008年4月24日 (木) 03時02分

>だけど子どもたちにとって本当の意味で親切な教材はないものだろうか…。

どんぐり倶楽部の良質の算数文章問題、がありますね~。

投稿: りんりん | 2008年4月24日 (木) 07時01分

masa/k先生、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

そういえばそうですね。確かに演習問題のページに解説がないものは
ありますね。masa/k先生が塾でお使いの育○社さんのとかもそうですよね、
確か。

個人的には例題の解説もないような(イメージとしてはシリ○スの副教材
ジ○ックみたいなのでもう少しボリュームがある)もので、小学校高学年の
分もあればなぁ~と。

そんなのもありますか?(探しなさいって?はい、すいません…(苦笑))


りんりんさん、コメントありがとうございます。

そうですね、それがありましたね。(笑)
ただ、中学教材も含めてなので(無理に進ませなくてもそこまで進んで
しまう子たちがいるので…)ちょっと思案中です。

投稿: TOH | 2008年4月24日 (木) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「親切な教材」は本当に親切なのか?:

« 話題変更。。。 | トップページ | 瞳キラキラ »