« 正負の数の計算 | トップページ | 不思議に思うこと »

2008年4月 7日 (月)

マイノリティーの集い

昨日の夕方から今日のお昼にかけて、他県(それも結構遠方)の塾長さんがお二人、こちらに来てくださいました。

おひとりは2005年の秋にある勉強会で出会い、参加者の中でどうみても場違いな2人ということで意気投合(?)。その後も色々ご指導頂いている寺子屋師匠。(そうか、もうお知り合いになってから結構経つのですねぇ。)

もうおひとりは昨年の初め頃でしょうか(ああ先生…忘れててお許しを…)、ある先生を仲介にご連絡を頂き、わざわざ教室まで訪ねてきてくださったtanA先生。

年代は近いのですが、地域も異なれば、対象も異なり、おまけに3人とも「普通の塾」ではないという…。(いや、tanA先生は普通の塾なのかな??)

そんな3人がなぜか意気投合し(いえ、私が一番若輩者なので、お二人が合わせてくださっているのかもしれませんが…)普段はメールなどであれこれお話させて頂いています。

そして、このたび寺子屋師匠とtanA先生とは初めてのご対面を実現すべく、お忙しい中わざわざこちらまでいらしてくださいました。

3人で一体どんな感じになるんだろう?間は持つんだろうか?とかちらっと心配していたのですが、何が何が、3人してしゃべるしゃべる…。
昨日の16時過ぎに3人揃ったのですが、途中場所をかえ、結局0時前までお話し続け、今日も10時過ぎから13時前まで延々と…。
まだまだ話は尽きない気配だったのですが、そのあたりで解散しないと両先生方の後のお仕事に支障が出るので、後ろ髪をひかれつつの解散となりました。

それにしても、育った地域も環境も全く違う3人なのに、なぜにここまで色んな意見が合うのか不思議になりながらも、3人して何度も「マイノリティーですから…」と。(苦笑)

以前にも書いた気がしますが、私は子どもたちに対して自分のことを「先生はね…」とか「先生がやってみるね」とかとどうしても言えないのですが、お二人も全く同じ。
こんな仕事をしながらも、勉強したくなければしなくていいし、何もいい学校に行くことが最良ではないと考えている点も、ちょっとした言葉に対するこだわりも、なんだか似ているところだらけで嬉しいやらおかしいやら…。

こんなのが、きっと他にもどこかにおられるんでしょうねとお話しつつ、話せば話すほど自分たちが業界のマイノリティーであることを再認識する結果となりました。(笑)

素晴らしい先生方ですので、今回の訪問でそのまま神戸に軟禁して教室を手伝って頂こうと思っていたのですが(をい)、さすがに逃げられました…。
ですが、そのかわり、tanA先生に小学生に授業してください!と強力にプッシュしておきました。ああ、楽しみだなぁ~。

両先生から元気を頂いて、また明日からしっかり頑張っていかねばと思っています。

|

« 正負の数の計算 | トップページ | 不思議に思うこと »

コメント

どうもお疲れ様でした。
今回はお二人から大いに元気を頂き、実に満たされた気分で帰ってきました。
本当にありがとうございました。

(追伸)
昨日以来、日頃は冷たい手が異常に暖かいのがちょっとコワイですぅ~。(笑)

投稿: tanA | 2008年4月 8日 (火) 01時25分

2日間大変お世話になりました。
最近忘れかけ、失いかけていたことに気づき取り戻せた感があります。

改めて、お師匠さん先生からは大きなことを教わっていたと感じました。

今後もご指導よろしくお願いいたします。

ダンディーtanA先生にもお会いできて、夢のような時間でした。
次は新潟で!?

間もなく致着です。
途中何度か自分のイビキで目がさめました。
周りのみなさんゴメンナサイ。

投稿: 寺子屋ありがとう | 2008年4月 8日 (火) 05時58分

両先生、おつかれさまでした。
おはようございます。(しかし、寝落ちでさっき起きました…(汗))

tanA先生、私の手の温度は変わりません……。(淋)
きっと先生は感受性が豊かなんだ。そうなんだ。
なんせ「画家っぽい」ですからね。(笑)

寺子屋師匠、既にお仕事開始しておられるんでしょうか…。
tanA先生に会えて「夢のような…」って、やはりホテルの部屋は別にしていて
よかったですね、tanA先生!(をい)

でも、本当に楽しくて素敵な時間を頂き、ありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しくお願いします。

投稿: TOH | 2008年4月 8日 (火) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイノリティーの集い:

« 正負の数の計算 | トップページ | 不思議に思うこと »