« 分身したい…。 | トップページ | 休日の話題。 »

2008年4月27日 (日)

楽しい時間

久しぶりに、夜に生存証明(?)すらしないまま寝落ちしてしまいました…。
で、あれこれ書きたいことはあるような気もするのですが、どうもまとまらず、一応今日は休日でもあることですし、軽めの更新で。(って、このところそんなこと言ってる日がやたら多い気がするのは気のせい?(汗))

昨日のあるレッスンでのひとコマ。
ある2年の男の子と掛け算の導入レッスンでした。
その子は本当によく頑張っているのですが、新しいことをするときには一瞬尻込みしてしまう慎重派。
おまけに、こちらに来てくれる前に、多少九九を覚えてしまっているというお話をお母さんから伺ってもいたので、さて、どうなるかな…と思ってのレッスン開始。

「ちょっと見ててね。」

そう言って、教具を並べ「10かける1・・・」と言いかけた瞬間、慎重派の彼が言いました。

「あ、あのね、難しいからボクできない。かけ算、まだ1から7までしかやってないから…。」

2年生4月、いきなりの発言です。(笑)

「そんなことないよ。絶対大丈夫だから、ちょっと見てて。」

そう言うと、彼は少し不安そうな顔をしながら、私が教具を並べるのを見ていました。

「10かける1は10、10かける2は20…」と言いながら、教具を並べ、「10かける3は?」と尋ねると、にこっとしながら「30!」
次を並べて、「じゃ、これは?式と答え言って」と促すと、すんなり「10かける4は40!」

そのまま10かける10まですいすい行ったのですが、「10かける11は?」と尋ねると、突然難しい顔。(笑)

「これ、見て!(笑)」

そう言うと、「ああ、う~ん、110!」

初め不安そうだった彼の顔はどんどんニコニコになり、1の段をやったときにはこちらが教具を置くより先にどんどん答えを言っていき、しまいにはわざと私が九九の範囲を遥かに越えた数を尋ねてみても…。

「1×25は?」「25!!」
「100×1・・・」「100!!」
「1100×い・・・」「1100!!!(笑)」

言い終わらないうちに、けらけら笑いながら楽しそうに答える彼。

ほんの数分前に「難しいからできない」と言っていた彼はどこに?(笑)

もちろん、全員が全員、彼ほど楽しそうに取り組んでくれるわけではありませんが、それでも殆どの子が「九九」をお経のように暗唱するよりは遥かに楽しそうに、遥かに簡単そうに、掛け算というものを理解してくれます。

教室に来てくださっている皆さんには、極力、学校が掛け算を始めるより先にそのレッスンをさせて頂くようにしていますが、掛け算の関しては、教具と言ってもそんな大仰なものが必要なわけではないので、同じよなことは十分ご家庭でもできますよ。

掛け算のレッスンは私の大好きなレッスンのひとつです。

|

« 分身したい…。 | トップページ | 休日の話題。 »

コメント

いつもお世話になっております。仲良しのママランチで、「九九の暗誦や本読みの宿題聞くの、疲れるわあ・・全然覚えてないのよ~」と話題になりました。そういえば、うちでは、一度も宿題の九九算の暗誦を聞いた覚えが無い・・・。私は、とっさに「九九なんて覚えるもんじゃないよ。感じるものだよ!」と言ってしまい、ついでに「毎日同じ本読み何回もしなくてもいいと思う。好きな本読んで楽しめばそれでいいよ。」と言ってしまいました・・。他のママたちにあきれられてしまったのはいうまでもありません。でも算数も本も好きな子どもになってます!先生、ありがとうございます。

投稿: よしまま | 2008年4月27日 (日) 23時36分

よしままさん、コメントありがとうございます♪
そうなんですか~、学校で九九を習った後でも暗唱を聞いておられないの
ですね~。(笑)

「九九を感じる」と言われても、「は?」って感じでしょうね、おそらく
100人中99人、もしくは100人が…(汗)

ちなみに、私は何にもお礼を言って頂くようなことはしてません…(大汗)
全ては子どもたちががんばってくれているからですよ~。
こちらこそ、ありがとうございます。

投稿: TOH | 2008年4月28日 (月) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい時間:

« 分身したい…。 | トップページ | 休日の話題。 »