« ちょっと考えた・・・。 | トップページ | 今日書いていた記事について »

2007年6月 9日 (土)

こんなコラムを見つけた。

先日、読書の方で「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」をご紹介したが、今日はミクシのニュースでこんなコラムを見つけた。

100%再生紙やゴミ分別の常識は、エコじゃなかったの?

再生紙は作るのにかえってコストがかかって、消費者にとっては高くつくというような話は聞いたことがあったが、結局、コストがかかるというのはエネルギーがたくさんいるということでもあったんだなと。
ある資源を再利用するために別のエネルギーを再利用しない場合と比べて大幅に消費するとかいうことであれば、地球レベルで考えたとき、どちらがより地球に優しいのかということにもなるだろう。

更に、東京23区全てが2008年からプラスチックを燃えるゴミで回収することにしたというのは、先日あの本を読んだ後だから尚更、奨励すればいいのでは?と思ってしまう。

もともと、詳しいことは知らなかったが、埋め立てるにも限界があることは容易に想像がつくし、プラスチックを埋めたところで土に還ることもないだろう。仮に化学変化を起こしてもとの形をとどめなくなったりすることがあるとすれば、地中から地下水などに入ってかえって恐ろしいことになるかもしれない。

個人的に、今回あの本を読む前からずっと、記憶違いでなければ、昔テレビで「ペットボトルは燃やすと二酸化炭素と水になるだけで有毒ガスとかは出ないと聞いたことがあり、だったら埋めるより燃やす方がずっといいのでは?と思ったのだ。(もちろん、二酸化炭素を出すことも問題なのかもしれないが・・・)

環境に対して、地球に対して、何が正しくて何が間違っているかは一概には言えないだろうし、とても難しい問題なのだろうとも思うけれど、やはり正しい情報を知るところからしか何も始まらないような気がする。

ただ、その「正しい情報」さえ、どこから手に入れられるのか判断がつかないところがもどかしいのだが・・・。

|

« ちょっと考えた・・・。 | トップページ | 今日書いていた記事について »

コメント

http://www.mc.ccnw.ne.jp/kawaasi/honda2.htm

この先生の本はよく読んでます。
上のページには、載せてないですが、
(一番最初の本だと思うけど記憶違いかもしれない^^;)
「リサイクルしてはいけない」
も面白かったです。

確か、名城大学の教授だったと思いますが、
プリ○ス(ト○タのエコカー)も
原材料から廃車までトータルで考えると、ちっとも得じゃないって言ってた方もいます。

アマゾンのレビューにも書かれていましたが、
判断するデータが少なすぎると思います。

投稿: SZK | 2007年6月 9日 (土) 20時58分

SZKさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
私自身、興味を持って色々調べようと思ったことがなかった
ということもありますが、地球にとってとても大事なこと
なのだから、マスコミも正しい情報を伝えてほしいなと
思います。大きな力が情報を操作してしまえば、私達が
正しい情報を知ることは不可能に近いとも思いますし。。。
本の情報もありがとうございました♪

投稿: TOH | 2007年6月10日 (日) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こんなコラムを見つけた。:

« ちょっと考えた・・・。 | トップページ | 今日書いていた記事について »