« 懐かしい再会 | トップページ | 金銭感覚? »

2007年3月21日 (水)

教えないことで見えてきたこと

今日は祝日なのでレッスンは2つだけと少なめ。
時間に少し余裕があったので、普段あまり覗いたことのない方のブログを覗いてみた。

たまたま幼児や小学生をメインに指導しておられるらしい女の先生のブログに辿り着き、私と同じだなぁと思いながらいくつかの記事を読ませて頂いたのだが、ブログの限られた情報からだけの判断ではあるものの、どうやらやっていることはかなり違うようだった。

というか、その先生がやっておられるのは所謂一般的な「塾」のイメージそのままで、きっととても熱心に一所懸命子ども達にために頑張っておられるのだろうなということは伝わってきた。

書かれている記事の中に、「割合をどう教えたらいいのだろう」とか、ご自分の指導力が足りないのではと悩まれる記事がいくつかあった。
それを読むだけでも、どれだけ真摯に考え、子ども達と向き合っておられるかが伝わってきたのだが、反面、「教えようとするから悩むのでは?」とも思っている自分に気がついた。

教室を始める前の私は、いつもいつも、いかに子ども達にわかりやすく説明するかということを考えていた。
どうすれば難しいことを難しいと感じないで身につけてくれるかということが最大の関心事で、そのために自分ができることをあれこれ考えて実践もした。

しかし、子ども達は前回の授業のことを次の回には忘れていたり、ミスしやすいポイントをどれだけ繰り返し念押しをしようとも、何度も同じミスを繰り返したりしていた。
自分の指導力が足りないばかりに・・・と私はずっと自分を責め、悩み続けた塾講師時代だった。

けれど、今の学習法に出会い、他にも尊敬する素晴らしい先生方に出会い、「教えなくてもいいんだ」と気づいたことは、私にとって大きな大きな収穫となった。

もちろん、長年わかりやすく説明することに力を注いできた人間だから、すぐすぐ「説明」をやめることは難しかった。
言ってしまって反省し、次こそはと努力し、教えずにお月謝を頂いていいのだろうかと日々葛藤もし、試行錯誤する中で目の前の子ども達が驚くような変化を見せ始めてくれたのだ。

(ああ、教えなくっていいんだ。)と目の前の子ども達を見ながら、少しずつ確信を深めていった。
そして、3年半あまり経った今は、「説明は子どもには退屈なもの」だと思うようになり、必要最低限のことしか説明はしないし、基本的には「まずやってみて、わからなかったら言ってね」という、普通の塾の先生方から見れば、「乱暴この上ない」スタイルを取るようになった。

先の先生が悩んでおられた「くらべる数、もとにする数、割合」だって、うちの子たちにはその言葉を使って指導したことがない。
割合の問題は百分率や歩合の表記についての説明は多少はしなければならないとしても(といっても、それも説明というよりは作業を通して気づいてもらうという方が近いかもしれないが)、実際の問題に関してはそもそも説明をする必要があるのかどうかを改めて考えてみるといいのではと思う。
本当に「公式」を覚える必要などあるのだろうかということを。

もちろん、苦手な子が多い単元ではあるし、うちのスーパーちゃんたちでも「スラスラ」とまではいかないこともあったが、少なくとも私がここで「割合」を一緒に学習した子達は「割合の公式」を知らない。(レッスンのあとで学校で習えば一応知ってはいるだろうけど。)
しかし、教科書よりずっと難易度の高い問題でも考えて解くことができる。

必要なことは「割合」というのがどういうものなのかを理解することだけなのではないかと思う。
2つのものがあり、それを比べたとき、もし片方が10個でもう片方が30個であれば、10個と比べれば30個は「3倍」だし、30個と比べれば10個は「3分の1」だ。その「3倍」とか「3分の1」と言っているものが「割合」と呼ばれるものだということさえわかれば、それまでの学習をきちんと考えて積み上げてきた子達であれば、勝手に考え始める。

「○○の0.5倍」とか書かれていれば、「倍」なのだから掛け算だということは一目瞭然だし、「△△の10%」と言われれば、10%が0.1もしくは10分の1とわかっている子はそれを掛ければいい(もしくは、10個に分けたひとつ分を考えればいい)とわかる。(少なくともうちの教室のこれまで一緒に割合を学んだ子たちはできた。)

覚えさせようとするから、かえって子どもは難しく感じるし、覚え間違っておかしなことをしたりするのではないだろうか。

「まずは教えない」というところからスタートするようになって、それまで見えなかったものが色々と見えてきた。
昔の私のように、自分の指導力のなさを悩んでおられる先生がおられたら、そういう方法もあるのだということを知れば楽になるかもしれないのにと、ちょっとそんなことを思った。

|

« 懐かしい再会 | トップページ | 金銭感覚? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/14340577

この記事へのトラックバック一覧です: 教えないことで見えてきたこと:

« 懐かしい再会 | トップページ | 金銭感覚? »