« ハードな1日&更なる衝撃 | トップページ | ここにも書かせて頂こう・・・。 »

2007年2月 1日 (木)

嬉しいメール

今日からレッスンが始まった子のお母さまからとても嬉しいメールを頂いた。

もちろん私は毎日毎日大好きな子ども達と幸せな時間を過ごしているし、目の前の子ども達のすごさ、素晴らしさには何度も何度も感動させられるし、予想外の言動に笑わされるし、本当にありがたい日々なのだけれど、どこかそれが当たり前になっていて、殊更に感動しなくなっている部分もある。

例えば、教室にきてくれる子達は、体調が悪いとか、疲れているとか、何か悲しいことがあったとかそういう理由がなければ、ほぼ例外なく1時間しっかり集中して問題に取り組んでくれるし、集中しすぎて時間の終わりごろには電池切れになってしまうぐらいの子も続出する。

さすがに低学年だと、1時間集中し続けるというのはまだつらいところもあるのだろう。学校の授業時間を過ぎたあたりから、一所懸命考えているのだけど頭が空回りし始めるという子は少なくない。(ので、新年度はほ~~んの少しだけレッスン時間を短くしようかと考え中でもある。)

そのぐらい子ども達は真剣に問題に取り組むし、頭がくたくたになるぐらい考えている。それは私にとっては日常だ。

しかし、新しく来てくれた子のお母さんや、普段はレッスンをご覧にならないけど何かの機会にちょっとご覧になられたお母さまなどから時々「家とは全然違う」とか、「他ではこんなに集中していなかった」とか、そんな言葉を聞かせて頂くことがある。

そして、今日のお母さんからのメールもそれに近いものだったのだが、本当によく集中して頑張っているお子さんの姿に感動されたそうだ。
そして、お母さまご自身ももっと頑張らなきゃと思ってくださったとのメールをくださった。

新しい子とのレッスンは私も少し緊張する。
もちろん、レッスンをすること自体には緊張するわけではないが、楽しいと感じてくれるだろうか、満足してくれるだろうか・・・そんな不安と、お互いが慣れて何らかの信頼関係ができるまでの緊張があるのだ。

だから、こうしてすぐにお知らせのメールを頂けると、本当に嬉しい。
明日からもしっかり頑張らなくてはと、そう思わせてくれる。

|

« ハードな1日&更なる衝撃 | トップページ | ここにも書かせて頂こう・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しいメール:

« ハードな1日&更なる衝撃 | トップページ | ここにも書かせて頂こう・・・。 »