« 今日のニュース | トップページ | 将来の夢 »

2006年10月27日 (金)

「賢い」ってどういうことだ?

子ども達を見ていると、時折ふと無性に腹が立ってくることがある。
具体的に何に対してというのが特定できないのが厄介なのだけれど、目の前で一所懸命問題を解いている可愛い子を通して向こうに見える、私が恐れ、どこか憎んでさえいるかもしれない何かだ。

うちの教室には珍しいパターンだが、受験塾に通いながら並行してレッスンに来てくれている3年生がいる。
もともとは教室を立ち上げて間もない頃、まだ年長さんだったときに一度体験に来てくださったのだが、他にも色々習い事をしておられ、その時点でご家庭で教材を購入されて進められるという選択をなさったようだった。

基本的に私は体験に来てくださった方にその後一切勧誘をしないので、その後その子のことは時が経つにつれ忘れていたのだが、お母さんがお子さんの様子を見て、どうも何か実感がない気がするということで再び3年になってから尋ねてくださったのだ。

しかし、既に2年生から有名進学塾にも通い始めており、何をさせても大抵よくできる。その子を見ながら、私はしばしば冗談で「3年って言ってるけど、実は6年なんじゃないの?」とかいうぐらい、落ち着いているし「賢い」のだ。

計算の速さなどはもう私の及ぶところではなく、ちょっと複雑な計算でもさっさと答えを出してしまう。いつもホントにすごいなぁと感心して見ているのだが、そんな子に対しても、時折説明のつかない感情が湧いてくることがある。

昨日のレッスンでのこと。
複雑な四則が混じった計算や四則計算の一部が□になっていて、そこに当てはまる数を求めるものなど、うちの初期組のスーパー君、スーパーちゃんたちでさえ、やや嫌がりながら解いているのを感じたようなところでも、その子はあっという間に答えを出す。その速さは本当に見事だ。

しかし、ある問題でパタッと止まったかと思えば、訳のわからない数を書き込んだ。
何か勘違いしているのだろうと思い、少しずつヒントを出したのだが、なんだか反応が変だ。とりあえずその問題はどうにかクリアしたのだが、しばらくしてまた同じパターンの問題が出てきた。

その問題というのはこれだ。

(147+12)×58=□×58+12×58

その子はそれまでに分配法則や結合法則を使う、似たような問題を見た瞬間パッと機械的な速さで正解していった。
にも関らず、この問題の□に最初「1」と書いたのだ。

少し前に同じような問題をヒントを出しながらやったところだ。しかし、これはこの子が苦手なところなのかもしれないと思い、改めてこう言ってみた。

「147円のお菓子と12円の飴を58人の子に配るとしたら、いくらになるかってときにこんな計算(左側の式)するよね?」

すると、式を見ながら、

「あぁ~、うん。」

そう答えた。
さっきも同じようなヒントで解いたのだから、私は当然この段階で

「あぁ~~!な~んや、そういうことか。」

という反応が返ってくるものと思った。
しかし、予想は完全に外れ、

「12?」

「なんで?」

「ああ、50?」

「なんでその数が出たの?」

そんなとんちんかんな会話がしばらく続いた。

もう一度彼の目をしっかり見ながら、プリントに147円と書いたお菓子の袋の絵と12円と書いた飴の絵を描き、同じことを尋ねた。
更に、式の後ろの部分を指して、

「これは12円の飴が58人分ってことやんね?」

そう尋ねると、それには疑問はないらしく、素直にうんと頷く。
さすがにこれで「あぁ~~っ、そうか!」という言葉が聞けると思った。
しかし、更に予想は外れた。

更に何度かやり取りをして、最後にはどうにかこうにかやっと答えに辿り着いてくれたのだが、少なくともこの問題を解くとき、この子の頭の中には何のイメージもなく、ただテクニックとして身につけた(もしくは身につけさせられた)方法で答えを導き出しているに過ぎないのだろう。

ヒントとして私は、「147円」と「12円」と言っているのだし、58は「人」だと言っているのだ。このヒントで頭に思い浮かべなければならないものは、147円のお菓子と12円の飴、そして58人の子ども。
後は一人ひとりにそれらを配るというイメージだけだ。

少なくとも、それが思い浮かぶ子であれば、このヒントを聞いた瞬間に気づくし、□に「1」や「50」などという何なのかわからない数を入れることもないはずだ。

もちろん、算数が苦手な子、あらゆる文章題で苦戦する子であれば話は別だけれど、この子はいわゆる「植木算」や「鶴亀算」のように、そういう塾でテクニックを教えてくれる問題に関してはさっさと解いてしまう子だ。

また別の話だが、もうひとり、やはり有名受験塾に通いながら週に1回だけ来てくれている子がいるのだが、その子はおうちの方の方針がとてもしっかりしておられ、そういう塾に通いながらも頭の柔軟さを失っていない子だ。工夫したら簡単になるよというようなことをいうと、すんなり「ああ、そうか!」とそれを理解し、その後は何か工夫できないかなということを意識するような子なのだ。

見ていて、その子は本当にバランスよく賢いなぁと思っているのだが、そのお母さんのお話では、その塾の懇談などで繰り返し繰り返し「計算が遅い」と言われるのだという。挙句、下のお子さんに関しては年長ぐらいからプリント反復塾などに通わせておいた方がいいというご親切なアドバイスもされるのだそうだ。

先の子は記憶力や覚えたことを使う力という意味では確かにとても「頭がいい」のだろう。おまけに、小さい頃から色んなことをしてきている子なので、実際間違いなく「賢い」には違いない。話していても、この子ができが悪いと感じることなど一度もない。

ただ、そんなに「賢い」子が前述のヒントで何もイメージできないということは、本当に「賢い」と言っていいのだろうか。
そんな勉強が本当にこの子の将来のためになるのだろうか。。。

そういう塾に通っている子でなくても、例えば算数に苦手意識を持ってしまってから来てくれる子達を見ていると、とにかく急いで答えを出さなければいけないと思っているように感じる子たちが少なからずいる。

「速いことがいいこと」

幼児や低学年に対してまでそんな教育が広くなされているような気がして、私はまたやり場のない憤りを感じるのだ。

「賢い」ってどういうことなんだろう?
少なくとも3、4年生ぐらいまでの小さな子達に対して求められるべきは「機械を目指す」ことでないのは間違いないと思うのだが。

|

« 今日のニュース | トップページ | 将来の夢 »

コメント

はじめまして。
そうなんです。「速いことがいいこと」と多くの人が考えているのです。

息子(小学2年)は一ヶ月ほど前から『掛け算』の授業が始まったのですが、ひたすら『九九の暗記』のようです。それも、時間を計りながら。
息子は『九九の暗記』には熱心ではなく、(私も消極的なので)とうとう、学校から呼び出しがきました。
「7×3は?」と尋ねると、一生懸命指を使って足し算で考えている段階です。
そんなに急いで九九を暗記しなくても、と思う一方、先生にはなんて言うか悩んでいました。
ちょっと勇気が出ました。「機械を目指す」ことでないのですよね。
ありがとうございます。

投稿: まるりん | 2006年10月27日 (金) 22時48分

※英国に数学の天才と言われた子供がいました。何でも解いてしまうんです。小学校の年齢で大学に行きました。が、結局彼は悪い意味での単なるプロブレムソルバーだと分かりました。
※上手に課題を与え続ければ出来るようになりますが、出来るようにしてはいけない時期があることに気付かなかった悲劇です。

投稿: ベオン | 2006年10月27日 (金) 23時33分

まるりんさん、初めまして。
コメントありがとうございます。

息子さんが2年生なんですね。指が悪いとは言いませんが、
掛け算の世界になってくると指では足りなくなってきます
よね?タイルやおはじき、適当な教具などを用意してあげ
られたら、息子さんももっと楽しく考えられるかもしれま
せんよね。(既にそういうこともしておられたらお許しを。)

先生には九九を暗記せず東大に行かれた池谷先生のお話でも
されますか?それはちょっと挑戦的過ぎるでしょうか…。
お子さんにとっていい方向にお話がまとまりますように。

投稿: TOH | 2006年10月28日 (土) 00時59分

ベオンくん、こんにちは。ちょっとお久しぶりですね。
貴重なお話教えてくれてありがとう。
すっかり秋になりましたが、お変わりありませんか?
I先生にもどうぞ宜しくお伝えくださいね。

投稿: TOH | 2006年10月28日 (土) 01時02分

http://zoukeidaij.exblog.jp/i9

投稿: こういうこと? | 2006年10月28日 (土) 07時51分

初めまして。
どなたか存じませんが、貴重なサイトをご紹介頂き、ありがとうござます。
ただ、URLのみのコメントで、スパムかと思って削除するところでした。
何かもう少しコメントを頂けたら尚ありがたかったのですが。
それでは。

投稿: TOH | 2006年10月28日 (土) 20時32分

あ。ごめん!アタシアタシ!!(汗)
なんかプロブレムソルバーって言葉に反応して検索したらぶち当たったサイトだったのだ。
しかし、名前のとこに「こういうこと?」っていれてる自分のボケさにビックリした(苦笑)
ごめんよーーー!

投稿: chichi | 2006年10月29日 (日) 01時24分

(爆)
chichiだったのね。(笑)
珍しくコメントつけてくれたのね。ありがと~。
よかったわ。なんか気持ち悪い・・・って思ってたので。(笑)
またヨロシク~。

投稿: TOH | 2006年10月29日 (日) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/12440699

この記事へのトラックバック一覧です: 「賢い」ってどういうことだ?:

» 小さいときには何を学ばせるか。 [bolog]
先週書こうと思ってたら遅くなっちゃったんだけど。 小さいときには何を学ばせるか。(りんごアンテナ日記~塾・パズル系ニュースサイト) 小さい頃に「技術」的なことを入れても 結局は「どうしてそうするのか」の部分が わかっていない状態で先走りすぎて、 本来体得すべきこ..... [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 11時52分

« 今日のニュース | トップページ | 将来の夢 »