« 信じる力 | トップページ | またちょっと感動 »

2006年5月28日 (日)

給食費未納

先日から何度かこのことに関するニュースは目にしていた。色々な自治体で給食費未納が問題になってきているというのだ。

初めに見たときには、そんなこともあるのかと思ったけれど、あまりに次々とニュースになるので、要するに全国的に、少なくない件数で「給食費未納の家庭」が増えているということなのだろう。

私はもともと某巨大掲示板が苦手だ。あそこにはなんだか独特の空気がある気がして、滅多に自ら近寄ることはない。ただ、「明日は明日の風が吹く」で紹介されていたこの記事で紹介されている某掲示板のコメントに関しては、相変わらず無責任でめちゃくちゃな意見を言っている人もいるが、概ね正論、ごもっともという感じの意見が並んでいるように感じた。

もちろん、表現は乱暴だったりするものもあるが、経済的に余裕がないわけじゃないのに払わないという親には、このぐらいの言葉を直接投げつけてもいいのでは?とさえ思ったりもする。

何をどう考えたら「給食費を払えない」という発想が出てくるんだろう。
仮に本当に経済的に困窮しているのであれば、就学援助なりなんなりで助成してもらえるはずだし、そもそも毎月の給食費を払わないってことは、自分の子どもの平日のお昼ご飯を与えない選択を親自らがしているということではないのか?
いくら考えても、なぜそういう発想に行き着くのかが理解できない。
「払ってない人がいるんだから、私も払わないわ」とか「払わないでも食べられるんならその方が得だわ」なんてことなんだろうか?

給食を食べない選択をするなら、例えば正式に学校に申し出て親がお弁当を持たせるとか、そういうことならまだかろうじて理解できる。けれど、払えるのに払わない親の多くはそんなことすらしていないのだろう。

一体なんだ?あなたは子どものなんだ?子どものためのたった数千円が払えないのか?

上述の記事で児童虐待のネグレクトで逮捕すりゃいいみたいな発言があったけど、確かにそれは育児放棄なんじゃないのかな?だって、お金があるのに我が子に給食を与えない選択を親自らがしてるんでしょ?

申し訳ないけど、そんな親に育てられた子どもが「ステキな子」に育つ可能性は残念ながら極めて低いだろうと思う。

ただ、色々法的にとか、立場的にとか難しいところもあるのかもしれないけど、もっと明確に「払わなきゃ食べさせない」という姿勢を(もちろん経済的な理由で本当に払えない場合はきちんと対応すべきだけれど)行政や学校側が打ち出してもいいんじゃないか。

払わなくても食べられるということが広まれば、きちんと払っている人たちが損をしている気になって、もっと未納が広がっていく気がするからだ。それこそNHKの受信料じゃないけど、払ってない人がいるのなら自分も。。。と思うのはそう珍しい感覚ではないと思うから。

しかし、「明日は明日の風が吹く」のyas-toroさんがちょっといつもと違って強い口調(文調)で書いておられるけれど、本当にそんな人間は子どもを生まないでくれ。。。そう思ってしまう。
ただただ、その子ども達の未来が幸せであることを願うばかり。

|

« 信じる力 | トップページ | またちょっと感動 »

コメント

こんにちは。今回紹介した記事は、私がかなりカーッとなったので紹介したという裏事情があります。
そんな馬鹿な事を言う親に育てられた子が可愛そうだと心から思いました。よくもまぁ、恥ずかしげもなく、そんな非常識な事を言えるなぁと。
昨日の更新で、万引きについての記事を二つ取り上げてますけど、それも思い切り差がある内容で、私としては、絶対に駄目な方の親にはなりたくないと思いました。

3歳の子を持つ親として、当たり前の事を当たり前に考えられる子に育てていきたいです。悪い事はしてはダメだという事なんて、基本中の基本だと思うんですけどね……それだけにかなり腹が立ちました、はい。

投稿: ☆YAS!☆ | 2006年5月29日 (月) 18時48分

YAS☆さんこんばんは♪
お越しくださりありがとうございます。
こっそり書いちゃってすいません。

でも、こういう記事に悲しみや憤りを感じる
大人が沢山いてくれることを、心から願って
止みません。

投稿: TOH | 2006年5月29日 (月) 21時04分

学校の担任が給食費未納通知を封筒に入れ、内容を言わずにさりげなく渡しても、何度ももらう子どもは何の通知かわかっています。その何ともいえない悲しい顔を想像してくださいね。

そして、食事に対する意識の希薄な家庭の子こそ、きちんとした食事のひとつ、給食が必要なものです。
日本の学校給食は世界的にみても、非常によく考えられているのですよ。

学校給食法(一部抜粋)、参考までに。
第六条  学校給食の実施に必要な施設及び設備に要する経費並びに学校給食の運営に要する経費のうち政令で定めるものは、義務教育諸学校の設置者の負担とする。
2  前項に規定する経費以外の学校給食に要する経費(以下「学校給食費」という。)は、学校給食を受ける児童又は生徒の学校教育法第二十二条第一項 に規定する保護者の負担とする。

投稿: AYAGON | 2006年5月31日 (水) 20時32分

AYAGONさん、コメントどうもありがとう。
このコメントは私に向けてなのでしょうか?それとも心無い親へ?
私は一応AYAGONさんの言いたいことはある程度わかっている
つもりです。
給食なんてなくせばいいとも思わないし、栄養バランスなど
しっかり考えられていることも知っていますから。。。
とにかく子どもが不憫です。

投稿: TOH | 2006年5月31日 (水) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 給食費未納:

« 信じる力 | トップページ | またちょっと感動 »