« 更新が飛んでしまいました…。 | トップページ | 「心配ぐせをなおせばすべてが思いどおりになる」 斉藤茂太著 »

2015年2月10日 (火)

「『あとでやろう』と考えて『いつまでも』しない人へ」 和田秀樹著

また読書が進んでいないのと、電子書籍は読み終えたまま次を購入していなかったのとで、今の自分にはとてもとても気になるタイトルだったこれが目に留まり、価格も100円だったので購入してみました。

読み終えてから気づいたのはもともと2006年頃に出されたものの電子書籍化らしいということ。
もしかすると、自分で忘れているだけで過去に読んだのかもしれないなと思ったりもしましたが、まあ、覚えていないのですからよしとしましょう。

amazonのレビューを見たら、やはり過去に出版されたものと同じ内容だと書いておられる方がいて、ただ、書籍のページ数からすると3分の1ぐらいのようですので、一部だけ電子化されたということかもしれません。

そして、書いてあることはまあ確かに全て正論というか、正にそうなのですが、これを読んででは私の「のろま」が治るかといえば、治らないだろうなと…。

「のろま」にはどんな種類があって、それぞれの「のろま」を克服するにはどんなことを心がけたらいいかなどが書かれているのですが、そして、確かにそれを実行に移せたら「のろま」ではなくなるだろうなとも思いましたが、どうすればそれを「えいやっ!」と行動に移せるようになるかという、私にとっては一番重要なところで参考になることはなかったというか、(まあ、もちろんそんな方法があればとっくに広く知らされているのかもしれませんが…。)読んでみたものの…という感じになってしまいました。

   

|

« 更新が飛んでしまいました…。 | トップページ | 「心配ぐせをなおせばすべてが思いどおりになる」 斉藤茂太著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/61114779

この記事へのトラックバック一覧です: 「『あとでやろう』と考えて『いつまでも』しない人へ」 和田秀樹著:

« 更新が飛んでしまいました…。 | トップページ | 「心配ぐせをなおせばすべてが思いどおりになる」 斉藤茂太著 »