« 「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 日本編」 詩歩著 | トップページ | 「長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい」 鬼木豊監修 槙孝子著 »

2015年1月 5日 (月)

「『しないこと』リストのすすめ」 辻信一著

年末に書店に行ったとき目に留まり、以前この方の別の本を読んだこともあったので、ちょっとタイトルも気になるなと購入しました。

本の帯に大きく「明日できることは今日しない。」と書かれていますが、かなり大雑把に言うと、現代の私たちは日々「すること」に追い立てられ、本来は幸せになるために何かを「する」はずが、そのことでかえって不幸せになってしまっているのではないかというような内容が書かれています。

確かに私自身も、休日に何もせずただダラダラと過ごしてしまうと、非生産的に無駄な時間を過ごしてしまったと、なんだか罪悪感を感じたりするのですが、ちょっと考えると、その罪悪感はどこから来ているんだろうと。
私が休日にダラダラしても、誰かに迷惑をかけているわけではありませんし、休日なのですから、別に何をして過ごそうが、何もせずに過ごそうが、それに対して罪悪感を感じたり、情けない気持ちになったりする必要はないはずです。

ですが、時間を有効に使うこと、みんなに同じだけ与えられている時間をいかに充実させるかということ、そういうことにばかり意識が行ってしまいがちで、また、それは私だけに限ったことではなく、少なくとも世の中の多くの方にそういう考え方が染み付いてしまっているのではないかと。

あとがきを少しだけ紹介します。

「人間が幸せに生きていくために必要なモノは、実は、そんなに多くはありません。平和に仲良く助け合って人間らしく生きていくために、『しなければならないこと』もそんなに多くはないのです。そのことさえわかれば、もう大丈夫。『足るを知る』という伝統的な智恵を現代の日本に甦らせ、新しい時代の糧にすることができるはずです。」

本書の中で「自動詞・他動詞」という話が出てくるのですが、「桜が咲く」に対して「桜を咲かせる」、「雨が降る」「雨を降らせる」…と、他動詞になった時点で科学技術や魔術の世界の話になってしまうと。
「する」ことばかりが優先される風潮がありますが、「ある(存在する)」ことの重要性に気づくべきだと。

ただ、こういう内容を是非読んでみてほしい方たちはなかなかこういう本を手に取られないんだろうなと、そんな気もしながら読んでいました。


|

« 「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 日本編」 詩歩著 | トップページ | 「長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい」 鬼木豊監修 槙孝子著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/60928098

この記事へのトラックバック一覧です: 「『しないこと』リストのすすめ」 辻信一著:

« 「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 日本編」 詩歩著 | トップページ | 「長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい」 鬼木豊監修 槙孝子著 »