« 「幸運をつかむユダヤ式スピードラーニング(1)」濱野成秋著 | トップページ | 「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」 小倉広著 »

2014年9月29日 (月)

「知ろうとすること。」 早野龍五・糸井重里著

早野先生のことは、何がきっかけでフォローしたのか覚えていないのですが、この本を読んでいて、きっと震災の時に何かのツイートが目に留まったのがきっかけだったのだろうなと思いました。

といっても、なんとなくツイートは見ていましたし、研究者か先生か何かそういう方なのだろうとは思っていたものの、具体的に何をしておられる方かなどを調べたことはありませんでした。

そして、今回この本が出たこともTwitterで知り、読みましたというツイートがいくつも紹介されていたので、ちょっと気になって検索してみたところ、帯の言葉がなんだか気になったので、早速読んでみることにしました。

Amazonさんでは現在在庫切れになっていますが、私は昨日大型書店に見に行きましたら、まだたくさんありました。
もしかすると関西などでは書店で手に入りやすいのかもしれませんね。

本の帯にはこんな言葉が書かれています。

「文化系とか理科系を超えて。原発事故後の放射線の影響について、いま、確かに語れること。そして、未来のための、こころのありよう。」

早野先生は東大大学院の理学系研究科教授だそうで、ご専門は「原子核物理学」と、私にはいったい何のことやら…という学問を研究しておられるそうで、難しい理系の学問の先生の言葉は私には理解できないのでは…と思ったりもしたのですが、対談形式になっているというだけでなく、この先生は私のような全く専門知識のない人たちにもわかるように、むしろそういう方たちにわかってもらえるようにと努めておられるようで、読んでいてわかりにくいところは全くありませんでしたし、一気に読み切ることができました。

早野先生がひとりでも多くの方に読んでもらいたいということで設定した価格だと糸井さんがツイートしておられましたが、180ページ強で税込500円でお釣りがくる価格になっていて、書かれている内容からも感じたことですが、ご専門ではないことを不安になっている方たちの役に立つようにとあれこれ尽力され、恐らくかなりの持ち出しもされ、この本も自分の儲けは考えておられないのではないかなと、そんなことも感じました。

関西にいると放射能の影響も直接は受けない分、なんとなく不安だったり、そのくせ情報を集めようとはせず、どこか他人事だったりという自分には、読んでよかったと思える内容でした。
そして、そういう方にも是非ひとりでも多く読んで頂きたいなと思う内容でもありました。

差別が起こるとしたら、私たちのような直接特に影響を受けない人間が影響を受けられた方たちに対してという場合がほとんどではないかと思いますし、それも、知らないから不安で、わからないから遠ざけておこうと思ってしまうようなところもあるのではないかと思いますので。

    

|

« 「幸運をつかむユダヤ式スピードラーニング(1)」濱野成秋著 | トップページ | 「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」 小倉広著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/60395173

この記事へのトラックバック一覧です: 「知ろうとすること。」 早野龍五・糸井重里著:

« 「幸運をつかむユダヤ式スピードラーニング(1)」濱野成秋著 | トップページ | 「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」 小倉広著 »