« 今週もまた…。 | トップページ | 「新・発達が気になる子のサポート入門」 阿部利彦著 »

2014年8月25日 (月)

「おかげさまで生きる」 矢作直樹著

最近めっきり読書のペースが落ちていて(スマホを使うようになった上、夏は長風呂をしないため…)、何冊も読みかけの本、積読になっている本がありながら、さらっと読めそうなものをと、先日書店に行ったとき目に留まったこれを読んでみることにしました。

勘違いかもしれませんが 、先日古くからの友人と食事をしていた時にその友人がこの本はさらっと読めてすっと入ってきたというようなことを言っていたので、どんな内容なのだろうなと。

著者の矢作氏は救命医療の臨床医をされている方のようですが、本の帯には「死を心配する必要はない」と大きく書かれており、どういう内容なのだろうと思いながら読みました。
実際、内容は読みやすく行間もたっぷりの本なのでさらっと読めるのですが、個人的にはこの類の話は嫌いではないものの、宗教色が感じられると何となく意識が拒んでしまうようなところもあったりして(著者ご自身は特定の宗教を信仰しておられるとかいうことはないようですが)、すとんと入ってくるまでには至らなかったという感じです。

というよりは、これまでに読んだことのある色々な本に書かれている内容と重なるところが多く、私にとっては新鮮な気づきを得るということがなかったということなのかもしれませんが。

ですが、物事をこういう風にとらえるのは大事だなとか、こういう風にとらえる方が生きやすいなとか、そう思える内容なのではないかと思いますので、また本棚に立てておきますね。

|

« 今週もまた…。 | トップページ | 「新・発達が気になる子のサポート入門」 阿部利彦著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/60208478

この記事へのトラックバック一覧です: 「おかげさまで生きる」 矢作直樹著:

« 今週もまた…。 | トップページ | 「新・発達が気になる子のサポート入門」 阿部利彦著 »