« 「よみがえる脳」 生田哲著 | トップページ | すみません…。 »

2014年6月 9日 (月)

「○に近い△を生きる」 鎌田實著

先日読み終えた本の前にこちらを書かれていて、既に12万部のベストセラーになっているようです。

どうも昔から天邪鬼でベストセラーになってしまうとそこから流行に乗って読むみたいになるのがいやで、そのまま読まずに過ごしてしまった本は数知れず。
しかし、鎌田先生の「下りのなかで上りを生きる」に両方読んでほしいと書かれていたことや、とにかく「下りの~」が素敵な本だったことやで、迷うことなく購入しました。

そして、やはり読みながら何度も胸がいっぱいになって涙が出ました。
ただ、悲しいとかいうのとは違って、うまく言えないのですが、気持ちが伝わってくるというか、多分これを読んでここで泣く方はそうそういないだろうなというようなところでも何度もこみあげてきてしまいました。

素敵な本です。

自分や家族以外の誰かのためという気持ちを1%持って生きてこられたというようなことを書いておられますが、これはもう絶対間違いなくご謙遜で(というか、ご本人は本当にそんなおつもりなのかもしれませんが)、鎌田先生ご自身はかなりの割合人のために生きておられるように思います。

でも、確かにみんながほんの少しずつ、身内ではない他人のことを考え、他人のために…という気持ちをもって生きていれば、もっともっと住みやすくなっていくんだろうなとも思います。

こちらもお勧めです。ベストセラーになるのもうなずけます。

|

« 「よみがえる脳」 生田哲著 | トップページ | すみません…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/59787751

この記事へのトラックバック一覧です: 「○に近い△を生きる」 鎌田實著:

« 「よみがえる脳」 生田哲著 | トップページ | すみません…。 »