« 「子どもが賢くなる75の方法」 久野泰可著 | トップページ | 今日は更新お休みさせて頂きます。 »

2014年4月28日 (月)

「天才とは努力をつづけられる人のことであり、それには方法論がある。」 山口真由著

書店で偶然目に留まったものの、帯の写真の若くてきれいな女性の姿と、「東大法学部→財務省→弁護士」という言葉に一度はスルーしかけたのですが、「効率的に努力を続けられるメソッドがあった!」という言葉と「"科学的"根性論」という言葉が気になり、ホントにそんなものがあるのか?と半ば疑いつつも、どんなことが書いてあるのか読んでみることにしました。

    
読んでみた結果、著者の山口氏は少なくとももともとの能力も高い方なのは間違いないとは思いますが(子ども達を見ていても、それぞれに得手不得手もあり、同じように努力しても子どもによって明らかに能力の差はありますから、この本に書かれた通りに努力すれば、誰でも山口氏と同じような成果が得られるということはないでしょうし。)、少なくとも、持って生まれた能力に胡坐をかいて楽々とキャリアを積んでこられた方ではないということはよくわかりました。
何より、私にはとてもではないけれど、ここまでの努力も集中もできそうにないなと、彼女の体験談を読みながら感じました。

ただ、書かれていることの多くはある程度誰でも実践できることが多いですし、参考になることも多いのではないかと思います。

章ごとのタイトルは以下の通りです。

第一章 正しい努力のための方法論
第二章 努力を始めるための方法論
第三章 努力を続けるための方法論
第四章 努力を完遂するための方法論

特に印象に残ったことは「読書は1回精読するよりも、7回素通しで読むべし!」というもので、そういいながら私はこの本をまだ1回しか読んでいませんが、1回読んだだけだとすぐ忘れてしまうのは事実で、しかし何度も繰り返し読むのは無理だしなぁと思ってもいたので、一度「7回素通しで読む」ということを何かの本でやってみようかなと思っています。

全てに共感できなかったとしても、参考になることはあるのではと思いますので、私のようになかなか努力を続けることができない方は読んでみられるのもよいのではと思います。
少なくとも、華々しい経歴から受ける印象と書かれている内容とは随分違って、凡人の私でも、ああ、確かにそうね!と思える内容でした。



|

« 「子どもが賢くなる75の方法」 久野泰可著 | トップページ | 今日は更新お休みさせて頂きます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/59546459

この記事へのトラックバック一覧です: 「天才とは努力をつづけられる人のことであり、それには方法論がある。」 山口真由著:

« 「子どもが賢くなる75の方法」 久野泰可著 | トップページ | 今日は更新お休みさせて頂きます。 »