« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

自分のアタマで考えよう」 ちきりん著

この本はあるネット書店が電子書籍を買うなら、いくらの本にでも使えるポイントを500円分くださるキャンペーンをやっていて、普段値引きしないものですし、500円は結構大きいということで、何か面白そうなものはないかしらと探してたまたま目に留まったものでした。
そういう経緯で購入したので当然電子書籍なのですが、この本は紙の本で購入して本棚に立てたかったなと、読みながら感じました。
というのも、中学生や高校生(うちには高校生の子はいませんが。)にも読んでみてもらいたいと思うような内容のように思えたからです。

タイトルを見て、どんな内容なのだろうと興味を持ったのですが、「考える」というのがどういうことなのか、「知識」と「思考」の違いについて具体例をあげながら分かりやすく書いておられます。

最初に出てくるのが野球ファンが高齢化しているというグラフを提示し、それを見てどんなことを考えるかというものなのですが、例として最初に書かれていることは、確かに自分も含めた多くの人が、そのグラフを見たらそう考えそうだなということで、それに対して同じグラフを見ても全く違う視点からそれを見て、違う考え方をした例も挙げているのです。

その例の挙げられ方がわかりやすく、既に知っていることを元にそこから考えると新しい発想はなかなか出てきづらいということなども書かれていて、普段、自分ではあれこれ考えているつもりでしたが、こういう考え方はできていなかったのではないかなと思うところが色々ありました。

これは紙の本で見たいときに見たいページを開いて読み返すという使い方がしたいなと、そう思いました。(しかし、紙の本を買い直すかは思案中ですが…。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

「神様に愛されたら、幸せな奇跡が起こりだす」 ブルーシャ西村著

仕事には直接全く関係ないのですが、書店で何となく目に留まって、最近どうすれば子ども達に対してもっとおおらかに優しくなれるんだろうと思ったりもしていたので、読んでみようかなと購入しました。

著者のブルーシャ西村さんは霊能力者でらっしゃるそうですが、霊能力を使ってお仕事をしておられるのではなく、絵画やジュエリー製作などをされるアーティストでらっしゃるそうです。

そして、ご自分の体験を元に、どうすれば「神様のご加護」を頂けるかなどについて書いておられます。
自己啓発本とも少し違いますし、かといって宗教本とも、カルト本とも違う、なんといえばいいのかわかりませんが、章のタイトルだけ見ても、そういうことを心がけて生活することは神様のご加護が頂けるかどうかに関わらず、穏やかで幸せな毎日を過ごすには大事なことではないかと思います。

因みに章のタイトルは

第1章 神様は、「嫉妬心のない人」が好き
第2章 神様は、「依存心のない人」が好き
第3章 神様は、「人の幸せを喜べる人」が好き
第4章 神様は、「明るく朗らかな人」が好き
第5章 神様は、「ご先祖様を大事にする人」が好き

個人的には、耳の痛いことも書かれていましたし、中には、これはちょっとぴんとこないなというところもありましたが、参考になることもあり、近いうちにさらっと読み返してみようかと思っています。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

「脳は休ませると10倍速になる!」 苫米地英人著

タイトルも気になりましたが、それ以上に帯に書かれていた「睡眠を変えるだけでなりたい自分になれる!睡眠の質を高めて困難なミッションもこなす方法」と書かれているのを見て、睡眠の質という言葉が気になり、また、最近衰える一方の自分の脳に何か参考になることがあればと思い購入しました。

しかし、読んでいると、過去の苫米地氏の著書に書かれていたこととかぶる内容がかなり多く、目新しさはほとんど感じられず、また、睡眠そのものについて書かれているところも限られていて、なんだか期待していたものと違うなぁと思ったのですが、amazonのレビューを見てびっくり!
著者「苫米地英人」となっているのですが、確かに本の目次の終わりを見ると、構成、取材・文、執筆協力などのスタッフ名が書かれており、苫米地氏が書かれたわけではなく、取材などを元に別の方がまとめられたものということのようです。
そういうものでも「著者 苫米地英人」ということになるのでしょうか?

参考にならないわけではないのですが、これまでに苫米地氏の本を何冊か読んだことがある方は、既に知っている内容がかなりあるように思いますので、まずは書店で内容をざっと確認してから購入を検討される方がいいかもしれません。
また教室の本棚に置いておきますので、ご興味のある方はどうぞ。


    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

「ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた」 堀江貴文著

電子書籍でもう何ヶ月も前にダウンロードし、ちょっと読んでは休憩を繰り返して、先日ようやく読み終えました。

タイトルを見れば、内容がある程度わかるように、堀江さんが収監されていた間に、それまでは常にインターネットなどを活用して情報を得ていた方がその手段を失い、その代わりとして大量の本を読まれ、その中から面白い、有意義と感じられたものを紹介しておられるというものです。

第1部では本の紹介、第2部では成毛眞さんとの対談という構成です。

紹介されている本は興味深いものも結構あったのですが、結局気になりつつもまだ購入はしていません。
これは電子書籍ではなく、紙の本で買った方が、紹介されていた本を書いたいと思ったときなどに探す場合便利かなと思いました。(もしかすると電子書籍を使いこなせる方なら、書籍内検索とかもできるのかもしれませんが…。)

電子書籍なので本棚には立てられませんが、色んな本がありすぎて何を読もうか迷うような方は参考になるかもしれません。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

申し訳ありません。

先週読み終えた本があったのですが、更新するのを忘れていました。
そして、土曜の晩から発熱しておりまして…。
近日中に更新いたします。申し訳ありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »