« 「中学入試 国語読解問題なんかこわくない」 藤本孝則著 | トップページ | 「セレッソ・アイデンティティ」 横井素子著 »

2014年1月27日 (月)

「面倒だから、しよう」 渡辺和子著

書店でタイトルが気になり、更に、「置かれた場所で咲きなさい」の著者が書かれたものだということだったので、読んでみることにしました。

実は「置かれた場所で…」は気になったものの、タイトルからなんとなく内容が想像できるような気がして、結局読まずに今に至っています。
ただ、「面倒だから」の後に「しよう」という言葉がつながっていることが新鮮で、もちろん、こちらもなんとなくは内容が想像できるところもありましたが、ぐーたらな私がこれを読んだら、少しは何かがんばれるかなと思い、購入。

著者はノートルダム清心学園の理事長をなさっている方だそうで、シスターでもあるようです。
「はじめに」に書かれていることを読んだだけでも、どういうお考えの方か、どういうことが書かれているかがある程度想像できるのではないかと思います。
初めの6行分を引用させて頂きます。(以下引用)

「面倒だから、しよう」はおかしな日本語かもしれません。「面倒だから、よそう」があたりまえでしょう。これは、面倒くさがり屋の私が自分にいい聞かせている言葉であり、学生たちとも、一緒に使っている言葉なのです。
 学生たちには、「この世の中には、お金で買えないものがあり、その一つが心の美しさなのだ」「しようか、どうしようかと迷ってもいい。でも、そこで、自分の怠け心と闘った時に、初めて本当の美しさ、自分らしさが生まれてくるのだと思う」と言っています。

(以上引用終わり)

ひとつひとつの項目が短くまとまっているので、例えば毎日朝起きて1つ読み直すことで、その日を大事に過ごせそうな、そんな1冊のような気がします。

|

« 「中学入試 国語読解問題なんかこわくない」 藤本孝則著 | トップページ | 「セレッソ・アイデンティティ」 横井素子著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/59020994

この記事へのトラックバック一覧です: 「面倒だから、しよう」 渡辺和子著:

« 「中学入試 国語読解問題なんかこわくない」 藤本孝則著 | トップページ | 「セレッソ・アイデンティティ」 横井素子著 »