« 「望んでいるものが手に入らない本当の理由」 心屋仁之助著 | トップページ | 「人生は2回生きられる!」 佐藤富雄著 »

2013年9月30日 (月)

「世界で一番おもしろい!『単位』の早わかり便利帳」 ホームライフ取材班編

読みかけの電子書籍はあるのですが、お風呂読書に持って入れるようなものをと書店で新書をチェックしていたら、たまたま目に留まったのがこちら。

タイトル通り、様々な単位についてまとめられている、読み物というよりは単位の辞書みたいな感じのものです。

1ページにドーンと「1インチって、何センチ?」の見出しの後に「1インチ=2.54センチ」と書かれているだけという感じで、単位についての説明などはごく一部しかつけられていません。

目次のほかに、巻末に早引きインデックスというのがあるので、実際に辞書のようにして使うこともできるかもしれませんが、特定の単位だけ確認したいのであれば、国語辞典やインターネット検索で事足りるような気も。

雑学というか、こういうものを1冊持っていてもいいかなぁぐらいの感じの本かなという印象です。

個人的に(まだ調べていないのですが)「不快指数」の算式がなぜこの計算ではじき出されるの??と非常に気になりました。
インターネットなどで調べてもわかると思いますが
「不快指数=0.81×温度+0.01×湿度×(0.99×温度-14.3)+46.3」

となっていて、は??という感じです。温度の80%に温度からおよそ14を引いたものと湿度の1%の積と46.3を足す??どういうこと??って感じではありませんか?
きっと何らかの根拠があるんでしょうけど…。
根拠といえば、この本を読みながら改めて感じたのですが、公式や単位などを丸暗記しようとするとすぐ忘れてしまいますが、例えば、1インチがセンチでいえば2.54センチなのは、メートル法で長さが定められるより先かそれとは別に何かを基準に1インチや1ヤードなどの距離を決めたってことなんだろうなと。
もし、1インチが2.54センチと読んだ時点で、どうやってその長さの単位が決められたのかを調べたら恐らく記憶への残り方は変わってくるんだろうなと。

エピソード記憶とかいうんでしょうか。何かを機械的に覚えるのではなく、五感を使ったり、何かのイメージと結びつけたりすることでしっかり覚えることができるというのはよく言われることですが、この本を見ていて改めてそれを感じました。(というわけで、1回さらっと読んだだけでは1ヤードも1フィートもどんな長さか全然覚えていないんですけどね…。(苦笑))

また本棚に立てておきますね。

|

« 「望んでいるものが手に入らない本当の理由」 心屋仁之助著 | トップページ | 「人生は2回生きられる!」 佐藤富雄著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/58297250

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界で一番おもしろい!『単位』の早わかり便利帳」 ホームライフ取材班編:

« 「望んでいるものが手に入らない本当の理由」 心屋仁之助著 | トップページ | 「人生は2回生きられる!」 佐藤富雄著 »