« 「これからの正義の話をしよう」 マイケル・サンデル著 | トップページ | 「いきのびる魔法」 西原理恵子著 »

2013年1月21日 (月)

「驚くべき学びの世界」 佐藤 学 (監修), ワタリウム美術館 (編集)

もう随分前に書店で目に留まり、しかし、分厚さとお値段にひるんだのですが、素晴らしい幼児教育ということのようでしたので、思い切って購入しました。
しかし、分厚いし内容もすっと入ってこなくて、なかなか先に進めず、忘れた頃に少し読み、また忘れた頃に少し読み…と。そして、最後はかなり斜め読みにて終了させてしまいました。

今amazonを見たところ、在庫がなく、マーケットプレイスで1万円を超える値段で出品されていて驚きました。
出版された数が少なかったということなのでしょうか…。
私は全く知らなかったのですが、イタリアのレッジョ・エミリア市での幼児教育の実践記録だそうで、アートの創造的経験を通して子どもの可能性を育てる実践法を紹介しています。
とても幼い子達からある程度成長した子たちまでの様々なアート作品がふんだんに載せられており、間あいだにその作品にまつわる話や子ども達の言葉が紹介されています。

確かにこういう教育法はとても有効だろうな、こういう教育を受けられる子たちは幸せだろうなと思うものの、私が教室をしていく上で参考にできるようなものではなく(もっとスケールが大きいと言いましょうか…)、私にとっては高い買い物だったかなという感じになってしまいました。

また本棚に立てておきますので、ご興味のある方はどうぞ。

|

« 「これからの正義の話をしよう」 マイケル・サンデル著 | トップページ | 「いきのびる魔法」 西原理恵子著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/56593522

この記事へのトラックバック一覧です: 「驚くべき学びの世界」 佐藤 学 (監修), ワタリウム美術館 (編集):

« 「これからの正義の話をしよう」 マイケル・サンデル著 | トップページ | 「いきのびる魔法」 西原理恵子著 »