« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月30日 (火)

「10秒朝そうじの習慣」 今村暁著

以前、この著者の「習慣力」という本を読みましたが、「10秒朝そうじの習慣」という、「10秒」というところが気になって、読んでみました。

「習慣力」の方は、きちんと読んで実践すれば確かにいいだろうとわかりながらも、いかんせん無精な私には行動に移すことができず…。
しかし、この本はそんな私でもかなりハードルが下がる上、動機づけになる、なかなか素晴らしい本でした。

内容は「掃除本」なのかもしれませんし、ここ数年ブームが続いている「断捨離」本でもあるかもしれません。
また、風水などでも言われている掃除の効果などにも触れられており(著者ご自身は風水うんぬんと書いておられるわけではありません。)、掃除を習慣化することで起こるよいことなども、実際の例なども交えつつ書かれています。

私は汚いのもキライですが、掃除をするのもあまり好きではなく、特に自宅はかなり手抜き。
ですが、この本のタイトルにもあるように、「起きてからとにかく10秒」というのは無精な私でもすぐに行動に移せました。
そして、これは著者もお分かりなのだろうと思いますが、やり始めると10秒で終えることは滅多になく、結果的にこれまで面倒だなぁ、明日にしようかなぁ、今度でいいや…と思っていたところがひとつずつ片付いていきました。

もちろん、気分が乗らなかったり、土曜の朝などバタバタして時間がないときなどは棚の上の埃を払うだけとか、鏡を磨くだけとか、本当に10秒ほどで終えてしまった日もありますし、起きてすぐではなくお昼頃になったこともありますが、なんだかんだと1ヶ月以上続いています。

私のように無精でお掃除があまり好きではない方にはオススメかもしれません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

すみません。明日書けたら書きます。

今日は体力を使い果たしてしまいまして、読んだ本を見直してブログを書くだけの気合いがもう入らず…。
明日書けそうだったら書かせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

「今日もていねいに」 松浦弥太郎著

また色々読みかけの本が数冊あるのですが、どれも読了に至っておらず、今日はこちらを。
この本は4年ほど前に単行本で出されたもののようで、確かにその頃色々な書店で平積みされているのを見た記憶があります。
ただ、直接仕事に関係があるわけでもなく、また、グルメ関連の本なのかなと勝手に思い込み、そのときには手にすることなく過ごしてしまいました。
それが先日書店に行ったところ、文庫化されたようで、文庫が平積みされていましたので、手にとってみました。

著者の松浦氏は「暮しの手帖」という雑誌の編集長をされている方だそうですが、読んでみると、気持ちが穏やかになるような、そして、なんだかとても大切なことが書かれているような気がしました。

何もかも真似るのは難しいところもありますが(何より私自身がかなりの無精者ですので)、書かれていることのいくつかでも心に留めて、また、時々ぺらぺらと見返したりすることで、穏やかに日々を過ごせるような、そんな気持ちになりました。

読みやすい本なのですが、大急ぎで読み飛ばすのではなく、ゆっくり「ていねいに」読みたい気持ちにさせられる1冊です。

単行本のときにも結構話題になっていたような気がしますので、お読みになった方も多いかと思いますが、私のように読みそびれた方はよろしければどうぞ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

「ヒザ・腰・肩の痛みは自分で消せる!」 中野ジェームズ修一著

このところ、我慢できないほどではないものの、断続的に腰が痛く、そんなとき、たまたま書店でこの本が目に留まったので、手に取ってみました。
私は存じあげなかったのですが、相当な人気のフィジカルトレーナーの方だそうで、伊達選手や福原愛選手のトレーナーもなさっていた方のようです。

そんな方が書いた、自分でできる「簡単エクササイズ」というのはどんなものなのか、呼んでみることにしました。
構成はヒザ・腰・肩の順で、それぞれの体の部位の骨や筋肉の仕組みや働きなどを解説した後、それぞれの部位の痛み軽減に効果があるエクササイズを紹介するという形の6章構成になっていて、もし私のように腰が痛い人であれば、まず3・4章を読めばよいというような感じです。

読んでなるほどと思うこともあるのですが、エクササイズが文字と絵で説明されているため、私にはどういう動きなのか理解しづらいところなどもあり、直接この方から説明を受けたら効果があるんだろうなと、せめてもう少し絵を増やすとか、DVDとセットの本にするとかしてくれたら、理解力に乏しい私でももっと手軽にやれるのになと感じてしまいました。

ただ、単に私の理解力が足りないだけのような気もしますし、そんな私でも理解できるところも結構ありますので、ご興味のある方はどうぞ。
また本棚に立てておきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

「持たない暮らし」 金子由紀子著

最近は「読書の秋」だというのに、テニスとサッカー観戦に忙しく(?)、また本を読むペースが落ちております…。
こちらは少し前に読み終えたのですが、非常に詳しくわかりやすくこの本を紹介しておられるブログに行きあたりましたので、そちらのリンクを紹介させて頂きます。

「持たない暮らし」

モノを極力増やすまいと思っていても知らず知らずに増えてしまい、使わなくなってもなかなか処分できない。
私だけではなく、そういう方が多いから、こういう本や断捨離の本が流行ったりするのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

「知らないと恥をかく世界の大問題3」 池上彰著

1、2に続いて、3も読んでみました。
恥ずかしながら、難しい話は苦手な上、世界の歴史も時事も何もかもに疎い私。
それでも、このシリーズは読むことができるので、池上さんは本当に偉大で頭のいい方なんだなぁと思います。

難しいことを難しく(そのまま)伝えることができる方は少なからずおられると思いますが、難しい内容でも子どもや私のように難しいと拒否反応を示してしまうような人間にさえ理解できるような表現に落とし込んで分かりやすく書いてくださるので、本当にありがたい限りです。(しかし、1回読んで読みっぱなしなので、大半はそのまま記憶から消えていってしまうのが問題ですが…。)

3冊目はここ1年の時事問題を中心にまとめられていて、今回も「ふむふむ、そうか・・・。」「へぇ~、なるほど。」という感じで、かたい話題にも関わらず、比較的すんなりと読み終えることができました。
また本棚に立てておきますね。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »