« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月28日 (月)

「スティーブ・ジョブズ II」 ウォルター・アイザックソン著

本当に本当にようやく読み終えました。
Ⅰを読むのにもかなり時間がかかりましたが、なんと言いましょうか、内容はとても興味深く、面白く読めるのですが、読んでも読んでも進まないんですよね…。

最近よくある感じの単行本だと、30ページぐらい読んだのとこの本の10ページぐらい読んだのとが同じぐらいの感覚というか、もしかするとこの本の方がより文字の密度が高いのかもというか…とにかく、読んでも読んでも進んだ感じがせず、おまけにハードカバーの分厚い本なので、お風呂に持ち込む気にはなれず、読み始めてから読み終えるまでに数ヶ月かかってしまいました。

というわけで、前の方とかは既に忘れていたりしますが、それでも、ジョブズという方がどれだけ偉大な人物だったかということはよくわかりました。
もちろん、気性が激しく、色々な人と衝突もされたようですが、改めて、偉大なる天才を失ってしまったんだなぁと感じました。
せめてあと10年長く生きておられたら、まだ何を生みだしてくれていたんだろうと思えてなりません。

機械モノに弱く、決断が遅いため、ずっと迷っていて決心がつかないiphoneへの乗り換えをちょっと本気で考えてしまう、Appleの製品がほしくなってしまう、そんな本です。
また本棚に立てておきますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

すみません。

昨日出勤していたのですが、更新するのを忘れて帰宅し、読み終えた本は教室に持っていってしまっているため、今週は更新サボりです。

とりあえず、今読み終えている本と読みかけの本はこんな感じです。



ほかにも数冊買ったままの本があるので、読まねばなりませんね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

「脳が冴える勉強法」 築山節著

以前この著者の方の本を読み、内容がわかりやすく、参考になることも多いように感じ(といっても、読みっぱなしでほとんどをすぐ忘れてしまうのですが・・・)、その方が書かれた勉強法の本だったら、子ども達にも参考になることがあるかもと読んでみました。

今回もやはり読みやすく、わかりやすい内容でした。
そして、恐らく参考になることはたくさんあるような気がしました。
まず軽く体を動かし、ウォーミングアップに比較的簡単にできる問題などに取り組んでから、難しい問題へ移っていくというようなことも書かれており、子ども達とのレッスンでも参考にできそうなことがありました。
またざっと一度読んだだけなので、再度大切なことをチェックしながら見返そうかと思っています。

大人の方でも語学や資格試験などの勉強をしておられるような場合は参考になるのではと思います。
ご興味のある方はご一読を。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

「50歳を超えても30代に見える生き方」 南雲吉則著

たまたま書店で目に留まったのですが、どうやらこの著者の方、他にも色々本を出しておられたり、テレビなどでも有名な方なのでしょうか?
私は最近は「テレビ」は見るものの、ほぼ全てスポーツ観戦。そうじゃない場合もスポーツ選手のドキュメンタリーなどという感じなもので、何が流行っているとかそういうことにはかなり疎いので、全く存じあげなかったのですが、お医者さまでらっしゃる著者ご自身が実践してこられた健康法、アンチエイジング法などを分かりやすく書いておられます。
また、寿命についてや病気についてなども、専門的な視点から見て書かれています。

副題に「『人生100年計画』の行程表」とつけられているのですが、著者によると、人の寿命の限界はおよそ120歳だそうで、100年元気に楽しく過ごすために日々どういう生活をするかという視点で書かれているようですが、健康で長生きするために、1日1食一汁一菜の食事を勧めておられたり、その量もかなり少ないもので、価値観は人それぞれですから、食べることは控えても元気に長生きしたいと思う方には参考になるんだろうと思いますし、美味しいものを3食食べて、そこそこの年齢まで生きられたらそれが幸せという方には参考になるところは限られているかもしれません。

ただ、へぇ~、そうなのかと思うことも書かれており、ひとつかなり興味深かったのが花粉症にどう対処するかということで、私は幸い今のところ花粉症ではないので試してみることができないのですが、花粉症に悩まされている方はその部分だけでも読んでみられてもいいかもと思います。

また教室の本棚に立てておきますね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »