« すみません…。 | トップページ | 「スティーブ・ジョブズⅠ」 ウォルター・アイザックソン著 井口耕二訳 »

2011年11月28日 (月)

「子どもの脳がどんどん良くなる」 鈴木昭平著

書店で目にとまったのですが、副題に「知的障がいは早期発見・早期指導で改善できる!」とあり、現在私が知的障がいを持つお子さんと直接関わっているわけではないので、どうしようかなぁと、一旦は本棚に戻しました。
しかし、発達障害についての本はこれまでにもある程度は読んできましたし、これまでに発達上の悩みを持つお子さんと一緒に学ばせてもらったこともあるため、やっぱりちょっと気になるし、読んでみようかなと購入しました。

先日こちらで書きましたように、現在色々な本を並行して読みかけているため、この本もまだ3分の2ほど読み終えただけなのですが、とにかく興味をひかれる内容であるのは間違いありません。
これまで知らなかったことも書かれていたり、また、著者が主宰されている協会で実際にあった改善例がかなり取り上げられてもおり、更に、まだ読みかけですので何とも言えないところもありますが、何より大切なのが家庭で取り組みであるということや、書かれている内容が確かに効果がありそうな(少なくとも全く胡散臭くないというか、眉唾な印象がない)内容でもあるため、もしもお子さんが知的障害などをお持ちで悩んでおられる方は、まず一度読んでみられてはと思う内容です。

個人的にも今読んだところまでではかなり興味をひかれており、最後まで読み終えてもこの興味が変わらなければ、この著者の本をもう少し読んだり、もう少し詳しく掘り下げられるものなら掘り下げて知りたいと考えています。

もちろん私は障がい児教育を専門に学んだわけではなく、全て書店などで手に入る本を読んだ程度の知識ですので、知っていることが限られているため尚更なのでしょうけれど、小腸の働きが脳の発達にも関係しているとか、発達に関して血流がとても大切だとか、これまで読んだ本の中では出会えなかったことに、へぇ~と思っているところです。(もちろん、1冊の本で読んだだけで、どの程度広く知られていることなのか、どの程度確実な情報なのかはまだわかりませんが。)



|

« すみません…。 | トップページ | 「スティーブ・ジョブズⅠ」 ウォルター・アイザックソン著 井口耕二訳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/53359879

この記事へのトラックバック一覧です: 「子どもの脳がどんどん良くなる」 鈴木昭平著:

« すみません…。 | トップページ | 「スティーブ・ジョブズⅠ」 ウォルター・アイザックソン著 井口耕二訳 »