« 「収監」 堀江貴文著 | トップページ | 更新お休みさせていただきます »

2011年8月 8日 (月)

「心を整える」 長谷部誠著

サッカー日本代表キャプテン、長谷部誠さんの著書です。実はもともとは出版されたのも知っていたのですが、買う予定ではなかったのです。しかし、東日本大震災発生後、長谷部さんがこの著書の印税を全て寄付すると発表され、その後買ってしまったという。ですので、読み終えたのはもう随分前なのですが、またまたご紹介が遅くなりました。(後から読んだ長友さんの本を先に紹介したりして…。)

副題には「勝利をたぐり寄せるための56の習慣」とつけられており、帯には「プロサッカー選手初の自己啓発書」とも「誰もが実践できるメンタル術!」とも書かれています。

一部自伝のような内容もありますが、内容は彼が普段の生活において心がけている「心を整えるための方法」を紹介しているという感じでしょうか。
とても読みやすいのですが、これを読んで抱いた感想は「長谷部さん、ほんとにめちゃくちゃ真面目なんだなぁ」ということでした。(笑)

代表のチームのメンバーが真面目なことを言ったりしたりすると「長谷部か!」とツッコミを入れるという話を聞きましたが、真面目の代名詞が「長谷部」というのはこの本を読んだだけでも納得です。
もし私が直接の知り合いだったら、常に注意されていそうな気が…。(苦笑)

ひとつ感動したのは、アジアカップでどう見ても納得の行かない判定で川島がレッドカード退場になった試合のことが書かれているのですが、あの後、帳尻を合わせるように日本にPKが与えられたのは、もしかすると長谷部さんの冷静な対応があったからかもしれないということでしょうか。
まあ、優勝できたから、あんなこともあったと落ち着いて振り返れるというところもあるかもしれませんが、サッカー日本代表にご興味のある方はどうぞご一読を。

|

« 「収監」 堀江貴文著 | トップページ | 更新お休みさせていただきます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/52180430

この記事へのトラックバック一覧です: 「心を整える」 長谷部誠著:

« 「収監」 堀江貴文著 | トップページ | 更新お休みさせていただきます »