« 「シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう」 ドミニック・ローホー著 | トップページ | 「収監」 堀江貴文著 »

2011年7月25日 (月)

「沈黙入門」 小池龍之介著

電車の行き帰りに読むには新書や文庫などあまりかさばらない本の方がいいので、ハードカバーの本以外に大抵何か持ち運びやすい本を並行して読むのですが、こちらは文庫の上にページ数も限られていて、とてもお手軽な1冊でした。
どうやら以前にハードカバーで出版されていたものが改題、加筆修正されたもののようです。

小池氏は以前に別の著書も読みましたが、東大卒のお坊様で、若者にでも分かりやすいたとえで仏教の教えを説いておられます。

「沈黙入門」というタイトルも、余計なことを話さないことを勧めるもので、ついついしゃべりすぎてしまう私に読むべきなのではと思って読んでみたのですが、私にはなかなか実行に移すのが難しそうです。(汗)(書かれている内容はとても分かりやすく、難しいことを書いているわけではないのですが、しっかり実行に移すには、忘れっぽい私の場合、まず3、4回繰り返して読む必要があるだろうと…。今のところまだ1回しか読んでいないもので…。)

不快なことでも痛みでもなんでも、まずそのことに意識を集中していくことでその感覚が薄れ、消えていくというようなことも書かれていたように思います。

第1章は「沈黙のすすめ」
第2章は「欲望から自由になる」
第3章は「自分を高める心のお稽古」

この3章からなっており、具体的な方法なども書かれていますので、ご興味のある方はどうぞ。

|

« 「シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう」 ドミニック・ローホー著 | トップページ | 「収監」 堀江貴文著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96750/52180344

この記事へのトラックバック一覧です: 「沈黙入門」 小池龍之介著:

« 「シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう」 ドミニック・ローホー著 | トップページ | 「収監」 堀江貴文著 »